台湾の社交辞令、本当の意味は・・・?

【今度は二度とありません】台湾の社交辞令、本当の意味は・・・?

台湾の人気YouTubeチャンネル「阿兜仔不教美語」。

台湾在住のスペイン人男性が、台湾のいろいろな事について語っています。

そのチャンネルの最新動画「台灣客套話」で、台湾の社交辞令(客套話)の本当の意味について解説しています。

日本人と比べると、ストレートにものを言う印象の台湾人。

しかし、日本以外の外国人からみると、台湾人は社交辞令が多いとのこと。

それでは台湾の社交辞令にはどんなものがあるか紹介します。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾の社交辞令

1.謝謝=要らない

台湾人男性

これ食べる?

台湾人女性

謝謝,謝謝

これは中国語初心者の方は勘違いしそうですね。

「謝謝」と言っているけど、意味は「要らない」。

「要らない」という意味の場合、手で断る動作をしたり、しかめっ面だったりすると思います。

「謝謝」という単語ではなく、雰囲気から察しましょう。

2.今度食事に行きましょう=今度はない

台湾人男性

改天再約吃飯
(今度食事に行きましょう)

これはありがちですね。

3.中国語上手ですね=普通

台湾人男性

你講中文很厲害
(あなたは中国語が上手ですね)

まぁ、そう言っておけば上手くいくんちゃう?

4.あなたの彼女、可愛いね=美人じゃない

台湾人男性

你女朋友好可愛
(お前の彼女、可愛いよな)

これは「可愛い」と言われたいか、「綺麗、美人」と言われたいかの違いでは・・・。

5.ちょっと考えます=買わない

台湾人男性

我要考慮一下
(ちょっと考えます)

これもありがちですね。

「考えます」と言っていますが、考える気持ちはナッシング。

アパレル店などで、店員さんが「何かお伺いしましょうか?」と声掛けをする時。

台湾では你考慮什麼?と言います。

「見てるだけです」と言いたい時には、我要考慮一下と言えばOK。

台湾でも社交辞令は必要

「海外では社交辞令なんてないのに!日本は面倒くさすぎ!」と思っているあなた。

少なくとも、台湾には社交辞令があります。

メンツが大事な台湾。

メンツを守るために社交辞令が必要なのです。

まとめ

スペイン人Youtuberの動画はこちらからどうぞ。

英語字幕も付いているので、中国語ができなくても理解できると思います。

【今度は二度とありません】台湾の社交辞令、本当の意味は・・・?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメント一覧 (1件)

  • 面白い!
    でも建前と言うよりも最早嫌味の方が多い。。
    よく言う京都のぶぶ漬け並みに腹が読めないのもある。

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる