三浦春馬が台湾のTV番組で観客を沸かせた「颱風天就是要泛舟!」について解説!

台湾でも公開される映画『進撃の巨人』の宣伝のため、7月末に台湾を訪れていた三浦春馬さん。

台湾の人気バラエティ『大學生了沒』に出演し、観客を沸かせたというのですが、いったい何をしたのでしょうか。

早速見てみましょう。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾の人気バラエティ『大學生了沒』

司会者と大学生が出演し、今話題のものや大学生活について語り合う番組。

2016年9月で放送終了

三浦春馬さんは、2014年に行定勲監督の日中合作映画『真夜中の五分前』に主演しました。

その際に中国語のレッスンを受けていたとの事で、中国語も交えながらの出演。

司会者に「好きな中国語は何ですか」と聞かれ、颱風天就是要泛舟!と答え、ドッと笑いが

海外で笑いもとれるイケメン俳優だなんて、完璧すぎるだろ・・・。

台湾事情を知らない人には、何の事だかさっぱり分からないと思うので、解説します。

クソコラ祭りで話題の泛舟哥について

まずはこちらをご覧ください。

途中で顔の表情が印象的な男性が、

台湾人男性のアイコン画像台湾人男性

颱風就是要泛舟呀 不然要幹嘛
(台風の日にボート遊びしないで何をするんだ)

と言っています。

このニュース動画は、台風が来ているにも関わらず海に遊びに来ている人にインタビューしたもの。

この表情+発言を台湾のネット民が見逃すはずがなく、クソコラ祭りが発生。

泛舟哥(ボートお兄さん)と呼ばれネットで話題となり、一躍人気者になったんです。

この件が7月初め、三浦春馬さんが台湾へ行ったのが7月末だったので、ちょうどこのお兄さんが話題だったときですね。

三浦春馬さんが出演した大學生了沒の完全版

台湾のテレビ番組は、録画放送の場合、話している内容全てに字幕が付いています

ですから、中国語ができなくても、字幕を見て何となく雰囲気を味わってみましょう。

緑のチェックの服の女の子が三浦春馬さんのファン。

それが理由で、大学は日本語学科に入学したそうです。

対面前は、「壁ドンされて壁ドン返ししたい」と話していました。

結局、壁ドンはしていませんが、その代わりに、サイン入りの写真集をもらっています。

日中合作映画『真夜中の五分前』が切ない

※2020年7月19日追記

三浦さんの訃報を聞き、この『真夜中の五分前』を再度見てみました。

物語の中で、「消えてしまいたい」と言うヒロインに、三浦さんが「消えないで」と言い、優しく抱きしめるシーンがありました

現実世界で、三浦さんが「消えてしまいたい」と誰かに助けを求める事ができていたら、防げたかもしれませんね。

この映画で、三浦さんはほぼ中国語で演じています

「音だけで覚えたのではない、きちんと勉強した中国語」を話していました。

とても努力した事が伝わってきました。

努力家で真面目だからこそ、誰にも相談できなかったのでしょうね・・・。

三浦春馬さん主演『真夜中の五分前』は、この動画配信サービスで配信中

▼会員登録はこちらから

>>Hulu

>>U-NEXT

両サービスとも、無料視聴期間あり

あらすじ 双子の姉に恋した男(三浦春馬)。旅先の事故から一人だけ帰国したのは、姉か?妹か?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる