台湾のコインロッカーの使用方法まとめ

台湾のコインロッカーの使用方法まとめ

この記事では、台湾のコインロッカーの使用方法を紹介します。

私が実際に使ったのは、桃園空港MRT林口駅(A9)の2番出口にあるコインロッカー。

しかし、台湾にある同じタイプのコインロッカーであれば、他の場所でも使い方は同じです。

近年は、台北駅や西門駅などにもコインロッカーが増えてきました。

(台北MRTのコインロッカー設置場所は、こちらをご覧下さい)

昼頃に台湾に着いた場合、荷物を置きにホテルへ行くよりも、コインロッカーに預けた方が良いかもしれません。

ホテルにチェックインできる(部屋に入れる)のは、午後3時以降です。

荷物をコインロッカーに入れて観光に行った方が、時間を有効的に使えるかもしれませんね。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾のコインロッカーの使い方(預ける時)

三井アウトレットパーク林口への出口は、2番出口。 2番出口へのエスカレーターを降りると、左側にコインロッカーがあります。
桃園空港MRT林口駅(A9)のコインロッカーは、スーツケースを入れられる大きめタイプ

1.空いているロッカースペースを調べる

物理的な鍵がない、電子式コインロッカーです。

操作パネル上部の、数字が並んでいるところを見てください。

この数字がロッカースペースの数字です。

電子式コインロッカーです。 操作パネル上部の、数字が並んでいるところを見てください。 緑で表示されている数字(ロッカースペース)は、空いています。 赤で表示されている数字は、使用中。

使用可能

使用中

緑のロッカースペースに荷物を入れる→パネル操作で使用登録→扉を閉める(ここで鍵がかかる)

という流れです。

使用登録中に荷物が盗まれないように注意して下さい。

2.使用するロッカースペースを登録

ここが一番重要です。 先ほど、ロッカースペースに荷物を入れた時には、まだ鍵がかかっていない状態でした。 上記のパスワードの印刷まで終了したら、必ずロッカースペースの扉を閉めて、鍵がかかった事を確認してください。 これをしないと、鍵がかかっていない状態になりますから、ロッカーに預けている意味がありませんよ。

操作パネルの数字ボタンを使い、使用するロッカースペースを登録します。

「551櫃19門」のロッカースペースであれば、「19」と入力します。

「○櫃」は、その場所のナンバーです。

林口駅2番出口にあるコインロッカーは全て「551櫃」となっています。

「○門」は、各ロッカースペースのナンバーです。

3.画面に表示された使用料金を投入

林口駅2番出口にあるコインロッカーの使用料金は、3時間ごと50元

50元を投入するように表示されます。

3時間を超えた場合は、荷物を取り出す際に追加で支払います。

おつりは出ないので、小銭を用意しておいてください。

4.パスワードが印刷される

料金を支払うと、6ケタの数字のパスワードが書かれた紙が印刷されます。

パスワード(密碼/CODE)は、自動的に決まります。

料金を支払うと、6ケタの数字のパスワードが書かれた紙が印刷されます。 パスワード(密碼/CODE)は、自動的に決まります。 荷物を取り出す際に、パスワードを入力します。 この紙は、失くさないように、誰にもパスワードを知られないように、持っていてください。 パスワードがわからなくなってしまった場合、200元必要です。
真ん中の数字6ケタがパスワード

荷物を取り出す際に、パスワードを入力します。

この紙は、失くさないように、誰にもパスワードを知られないように、持っていてください。

パスワードがわからなくなってしまった場合、再発行費用として200元必要です。

5.ロッカースペースの扉を閉めて、鍵がかかった事を確認する

上記のパスワードの印刷まで終了したら、必ずロッカースペースの扉を閉めて、鍵がかかった事を確認してください。

これをしないと、鍵がかかっていない状態になりますから、ロッカーに預けている意味がありませんよ。

台湾のコインロッカーの使い方(取り出す時)

空港MRT林口駅のコインロッカーの使い方(取り出す時)

1.ロッカースペースのナンバーを入力

「551櫃19門」なら、「19」と入力。

2.パスワードを入力

荷物を預けた際に印刷された、パスワード(密碼/CODE)を入力。

3.追加料金があれば、支払う

なければそのまま。

4.荷物を取り出す

忘れ物のないように、ご注意ください。

まとめ

駅以外なら、百貨店やショッピングセンターにもコインロッカーがあります。

少しでも時間を有効的に使いたい方は、コインロッカーを使うといいですね。

台湾のコインロッカーの使用方法まとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる