台北地下鉄の7つの秘密!「駅名は6文字以内」「出口が最も多い駅は・・・」

台北の地下鉄(MRT)が初めて開通したのは、1996年。

 

2019年3月31日には、累計利用者が100億人を突破しました。

 

今後も路線が増えていく台北MRTに関して、台湾のメディアが「台北MRTのトリビア」を掲載していたので紹介します。

 

目次(見たい項目へ飛べます)

台北MRTのトリビア7選

1.駅名は原則6文字以内

駅名は、

  • 分かりやすさ
  • 有名な建物
  • 歴史的意義

を重視して命名されています。

 

そして、「駅名は6文字以内であること」が条件だそうです。

しかし、例外があります。「台北101/世貿」駅です。

 

まぁ、数字と記号が半角だとすれば、全角で6文字以内ですね()

 

2.善導寺駅は、華山駅になっていたかもしれない

台北MRTに、善導寺駅という駅があります。

善導寺とは、日本統治時代に建立されたお寺。

 

しかし現在は、そのお寺があった場所は納骨堂として使われています。

そのため、「縁起が悪い」として、「華山駅にしてはどうか」という改名運動が過去にありました。

日本統治時代に、この辺り一帯が「樺山」と呼ばれており、民国時代には「華山」と呼ばれていたためです。

 

しかし、改名するにはお金がかかるため、現在も善導寺駅のままとなっています。

 

3.東門駅の東門は、台北城の城門の事ではない

台北MRTには、

  • 東門駅
  • 西門駅
  • 小南門駅
  • 北門駅

があります。

 

台北城の門があった場所だったため、その名が付いたのですが、東門駅だけは違います。

駅名の東門は、日本統治時代に、この辺り一帯が「東門町」と呼ばれていた事に由来しています。

台北城の東門があったのは、今の中正紀念堂の近く。

 

4.士林夜市の最寄駅は、士林駅ではない

士林夜市の最寄駅は、劍潭(剣潭)駅です。

飲食店が集まっている「士林市場」は、元々は慈誠宮の近くにありました。

そこを中心に夜市が栄えていたのですが、建て替えのため、士林市場が劍潭駅の向い側へ臨時移動しました。

その後、現在の場所へ移動したため、劍潭駅が最寄に。

 

5.出口は「反時計回り」で番号が振られている

一番出口は見つかったが、二番出口が見つからない、という時は、反時計回りで動いてみましょう。

但し、このルールは、「地下街がある駅の場合は、適用されない」そうです。

 

6.最も出口が多い駅は、民権西路駅

民權西路(民権西路)駅は、最も出口が多く、10番出口まであります。

二番目に出口が多い駅は古亭駅で、9番出口まであります。

1つしか出口がない駅は、合計16駅あるそうです。

 

台北MRT 最も出口が多い駅は、民権西路駅

 

7.中山駅の日本語読みは、「なかやま」

2018年8月10日から、台北MRTでは日本語放送が追加されました。

基本的に、「中華圏の地名は音読み」というルールなので、中山駅は「チュウザン/チュウサン」になるはず。

しかし、日本語放送では「なかやま」と発音しています。

 

台北の中山という地名は、孫文の名前から来ています(中華圏では孫中山と名乗っていた)。

そして、孫文が日本滞在中、「中山 樵」(なかやま きこり)と名乗っていたため、台北の中山の日本語読みは、「なかやま」に。

 

 

まとめ

普段何気なく使っている台北MRTにも、いろんな秘密があったのですね。

これらの秘密に注目して使うと、移動時間も楽しくなるかもしれません。

 

参照元 小碧潭站沒有碧潭?東門其實不在東門站?盤點北捷7個小秘密:每天搭都不一定知道啊!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる