台湾で中秋節にやる事5選!月餅とバーベキューと文旦と。

台湾など中華圏では、旧暦8月15日が中秋節

満月を観賞しながら、家族で過ごす日です。

なぜなら、満月は家族団らんの象徴とされているからです。

この「中秋節」、現在のカレンダーでは9月初旬~10月初旬に当たります。

台湾では、中秋節の日は祝日となっています。

日本では、「十五夜」「お月見」「中秋の名月」などと呼ばれています。

日本では、それほど大きなイベントではありません。

(地方によって違うと思いますが、ここではその議論はしません)

この記事では、「台湾で中秋節にする事」をまとめました。

目次(見たい項目へ飛べます)

台湾の中秋節の風習

1.月餅を食べる

伝統的な月餅は、満月を表した丸型。

そして中身は「あんこ+アヒルの卵の黄身の塩漬け」。

しかし今では、伝統的な月餅以外に「スイーツ月餅」もあります。

2.バーベキューをする(焼き肉を食べる)

理由は、その昔、台湾の焼き肉のタレ製造企業が「中秋節には焼き肉!」と宣伝したから。

ですから、中秋節にバーベキュー(焼き肉)というのは、台湾独自の文化です。

普通に道路脇でバーベキューしてますよね~。

また、中国語では「バーベキュー」と「焼肉」を特に区別していません。

同じ「烤肉」と表現します。

3.文旦を食べて、文旦帽子を作る

中秋節には文旦(ブンタン)を食べます。

文旦を食べ終わった後は、文旦の皮で帽子を作り、子どもの頭にかぶぜ、幸せに暮らせるように願います。

なぜ文旦を食べるのか?

この果物、実は台湾では「柚子」と呼ばれています。

  • 「柚子」の発音が、「佑子」(神のご加護があらんことを)という単語の発音と同じ
  • 文旦の時期が中秋節の時期と同じ

という理由から、文旦を食べるそうです。

4.月を鑑賞する

中秋節の本来の目的、月の観賞。

普段は見ないお月様を、この日はじっくり観察してみましょう。

カップルは、夜景を鑑賞できるレストランで食事し、「月が綺麗ですね。」と語り合うのもいいんじゃないでしょうか。

5.月にまつわる伝説を読む

中華圏の月にまつわる「中秋三大伝説」は下記の通り。

  1. 「嫦娥奔月」―嫦娥という女性が、不老不死の薬を飲み、月に飛ばされた話
  2. 「呉剛伐桂」―呉剛という男性が、月で月桂樹の木を刈る話
  3. 「玉兔搗薬」―月で兔が嫦娥に付き添い、不老不死の薬を作っている話

この3番目の話が、日本の「月の模様は兔が餅つきをしている」になったのではないかと言われています。

まとめ

日本在住の日本人の皆さんも、中秋節にバーベキューをしたり焼肉を食べたりしてみては。

中秋節を台湾式で楽しみませんか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる