この記事をシェア!

台中市で行われている台湾ランタンフェスティバル2015レポート 今年はハプニング続き、まだまだ何かが起こりそう

この記事をシェア!

台中市で行われている台湾ランタンフェスティバル2015レポート 今年はハプニング続き、まだまだ何かが起こりそう

今年2015年の台湾ランタンフェスティバルは、台中市で行われています。

台中市内のいくつかの会場で行われていますが、そのメイン会場である烏日会場が3月5日に幕を開けました。

3月15日(日)まで開催中ですので、まだまだ間に合いますよ。

早速行ってきましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

台湾ランタンフェスティバル2015in台中

干支のランタン

まずは今年の干支、羊のメインランタンです。

台湾ランタンフェスティバル2015in台中 干支のランタン まずは今年の干支、羊のメインランタンです。

メインランタンが常に輝いていると、周りのランタンが見劣りしてしまうという理由から、30分に一度、点灯することになっています。 メインランタンは、回転しながらさまざまな色に変化し、とてもキレイです。

メインランタンが常に輝いていると、周りのランタンが見劣りしてしまうという理由から、30分に一度、点灯することになっています。

メインランタンは、回転しながらさまざまな色に変化し、とてもキレイです。

コンクール応募作品ゾーン

コンクール応募作品ゾーン 上の写真が、一位を獲得した作品でした。 かなり技巧が細かく、近くでみると圧倒されます。

上の写真が、一位を獲得した作品でした。

かなり技巧が細かく、近くでみると圧倒されます。

200年以上の歴史を持つ、台中市大甲區にある鎮瀾宮をイメージしています。

200年以上の歴史を持つ、台中市大甲區にある鎮瀾宮をイメージしています。

台湾ランタンフェスティバル 魚のランタン

台湾観光局のキャラクター「喔熊(Oh! Bear)」もいました。

台湾観光局のキャラクター「喔熊(Oh! Bear)」もいました。

農産物ゾーン

農産物ゾーン 農産物ゾーンのキノコのランタン。

農産物ゾーンのキノコのランタン。

「蘋安門」とは、「蘋果(りんご)」と「平安」の発音をかけています。

「蘋安門」とは、「蘋果(りんご)」と「平安」の発音をかけています。

海外の作品ゾーン

海外の作品ゾーン 香港の街角をイメージしたゾーン。

香港の街角をイメージしたゾーン。

まるで映画のようです。

ガンダム風ランタン

まるで映画のようです。

金のしゃちほことエビフリャー。 こちらは日本の愛知県の紹介ランタンです。 他に香川県や横浜もありました。

金のしゃちほことエビフリャー。

こちらは日本の愛知県の紹介ランタンです。

他に香川県や横浜もありました。

台湾ランタンフェスティバル 赤提灯

台湾ランタンフェスティバル2015 可愛いランタン

駅からも注目

台湾新幹線台中駅の方からは、このように見えます。

とっても美しいですね!

台湾ランタンフェスティバル2015 駅からも注目 台湾新幹線台中駅の方からは、このように見えます。 とっても美しいですね!

今年は何かが起こる?!

6日には羊のランタンの首が折れてしまったハプニング、8日には3歳の頃離れ離れになった兄弟が11年の時を経て、舞台演武で偶然に再会したという感動ストーリーもありました。

(百萬人中遇見你…小兄弟失散11年 燈會重逢淚崩)

3月15日まで、まだまだ何かが起こりそうです。

花火の時間はメインランタンの近くにいよう

毎日、夜9時から花火があがりますので、その時間にメインランタンの辺りにいるのがおすすめです。

会場は広く、2つのエリアで屋台が並んでいます。

小吃を片手にランタンを楽しめます。

まとめ

台湾高速鉄道(高鐵)の台中駅、または台湾鉄道の新烏日駅(この2つの駅は隣接しています)で下車すれば、徒歩5分以内で、すぐ会場です。

とりあえず台中に来てしまえばOKですよ~。

3月15日までに台湾に来られる方、ぜひランタンフェスティバルへ足を運んでみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています