この記事をシェア!

【悲報】台中ランタンフェスティバルの羊のメインランタンの首が折れる。さらには台鐵新烏日駅は人が多すぎて家に帰れない!

この記事をシェア!

【悲報】台中ランタンフェスティバルの羊のメインランタンの首が折れる。さらには台鐵新烏日駅は人が多すぎて家に帰れない!

毎年、台湾の各県が代表で開催地となっている、台湾ランタンフェスティバル。

2015年は、台中市で行われています。

ランタンフェスティバルのメインランタンと呼ばれるものは、その年の干支で作られているので、今年は羊です。

その羊のランタンに、悲劇が起きたというのですが、一体何が起きたのでしょうか。

スポンサーリンク

首がぁ!

その羊のメインランタンは、大がかりな仕掛けが施され、動くように設計されていました。

そして、3月6日夜9時15分、突然羊の首が折れてしまいました。

かなり衝撃的なその映像をご覧ください。

(映像/台南阿呆仔)

台湾のネット民の反応

「今年最も恐ろしい映像」

「縁起悪い」

「羊も疲れてたんだろうなぁ」

現在は修復されているようです。

普段はガラガラなのに・・・

3月7日夜8時半ごろの、台湾鉄道新烏日駅(台湾新幹線烏日駅に隣接)。

ランタンフェスティバルメイン会場の最寄り駅です。

家路につく人と、これからランタンフェスティバルに行く人とで、あふれ返っていました。

ホームに行くまでに1時間以上かかり、息もできないほど人が多かったとか。

台湾鉄道は急遽、臨時列車を10本も出したそうですよ。

普段はガラガラなのに・・・  昨日、3月7日夜8時半ごろ、ランタンフェスティバルメイン会場の最寄り駅である台湾鉄道新烏日駅(台湾新幹線烏日駅に隣接)は、家路につく人と、これからランタンフェスティバルに行く人とで、あふれ返っていました。

写真/台鐵路透社

ホームに行くまでに1時間以上かかり、息もできないほど人が多かったとか。  台湾鉄道は急遽、臨時列車を10本も出したそうですよ。

写真/台鐵路透社

台湾のネット民の反応

「台北の年越しイベントの時よりもひどい」

「中国かと思った」

「いつもはガラガラなのに・・・」

「羊の首が折れたことによる宣伝効果か」

まとめ

台中市で行われている台湾ランタンフェスティバルは、2015年3月15日(日)まで行われています。

ぜひみなさん訪れてみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています