この記事をシェア!

北門―台北郵局―城美ホテルまでの博愛路はカメラ店がずらりと並ぶカメラ街

この記事をシェア!

博愛路照相街

台北駅から少し離れたところに上半分が紅い四角い建物があるけど、あれは何だろう?と思っていた方いませんか?その建物は北門と呼ばれるもので、清国統治時代に城門として使われていたもの。正式には承恩門といいます。

清国統治時代の台北は四方を城壁によって囲まれており、5つの城門がありました。日本統治時代になりその城壁や城門は取り壊されたものの、この北門だけが残されたのです。1879年に建造され、今では台北市の市定古跡となっています。

  • 台北 北門 承恩門

    写真/茵茵

  • 台北 北門 承恩門

    写真/茵茵

この北門から向かいの台北郵便局に渡り、そこから城美ホテルまでの博愛路という通りは、カメラ店が建ち並ぶ台北屈指のカメラ街。

NIKON、SONY、CANON、オリンパスなど、有名メーカーの看板はほとんどあるので、台北でカメラが壊れた・・・なくした・・・という時に、とりあえずここにくれば目的のカメラを買うことができるでしょう。

カメラ購入だけでなく、フィルム現像もできますし充電サービスもしてくれるお店もあります。

博愛路照相街

写真/聽。旅行

管理人も台北でカメラが壊れてしまい、このカメラ街で急遽カメラを買ったことがあります。日本メーカーのデジカメってやはり台湾で買うと高いんですよね。日本で買ったほうがかなり安い・・・。でも思い出を残したかったので、仕方なかったですね。

博愛路カメラ街(博愛路照相街):台北市中正区博愛路

  台北市博愛路6號‎ 
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています