この記事をシェア!

台湾の文化や生活を肌で感じる旅行がしたい!!でも一人で旅行するのは不安…そんな方へオススメの5泊6日ツアー9900元!

この記事をシェア!

台湾の文化や生活を肌で感じる旅行がしたい!!でも一人で旅行するのは不安…そんな方へオススメの5泊6日ツアー9900元!

台湾旅行はもう何度も経験しているけど、ちょっと違った旅行がしたい人!

留学等で台湾在住の方!

オススメの旅行ツアーがありますよ。

思旅という会社が、台湾中部及び南部をメインに、おもしろい旅行ツアーを企画しました。

思旅は、台中でゲストハウスを運営しながら、いわゆる観光旅行とは一味違ったツアーを企画する会社です。

今回、外国人を対象にしたツアーを計画し、現在参加者を募集中です。

水牛に乗ってカキや貝を採りに行ったり、石板の上でバーベキューをしたり、原住民の部落に行ったりと、なかなか体験できないツアー内容です。

もしも、この日程を自分ひとりで行くと22,500元かかるところ、このツアーでは9,900元で行けるんですよ。

興味のある方、この機会にぜひ思い切って参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ツアー日程

日時:2015年3月22日~26日(5泊6日)

参加費用: 9900元(台湾ドル)

※15人限定ツアー。10人以上で催行。

ツアー日程 日時:2015年3月22日~26日(5泊6日) 参加費用: 9900元(台湾ドル) ※15人限定ツアー。10人以上で催行。

写真/思旅

Day 0  旅の始まり

宿泊:N joy Taichung

午後5:00からオリエンテーション(旅を共にする仲間と知り合う、日程説明等)

夕食は、台中の夜市で。

※夜便で遅く台中に到着する人は、10時以降から宿泊場所で受付可能。

Day 1 台湾の食材を探しに行こう!

朝食:N joy Taichung 昼食:農家の小吃 夕食:皆で料理 宿泊:N joy Taichung

おいしい食材探しへ出かけよう。

台湾の地元の人との接触を楽しむのも、旅の醍醐味。

観光スポットではない場所に行き、地元の人に教えてもらいながら隠れた食材を探しましょう。

一日かけてゲットした食材を使って、夜は料理します。

Day 2  武界部落と日月潭について知る

朝食:伝統的な朝ごはん 昼食:屋外でバーベキュー 夕食:埔里の小吃  宿泊:埔里背包客之家

台湾で最も長い濁水溪の上流に位置する雲海の村―“武界部落”(ブヌン族コミュニティ)

ここで、聞いたことのない物語に耳を傾けます。

日月譚という有名な観光スポットがありますね。

そこの水がどこから来たのか、どのような過程で現在のような形状を為したのか、知りたいと思いませんか。

原住民がどのように石板を利用して肉を焼くのか、興味はありませんか。

この日は、台湾の心臓とも呼ばれる場所に身を置きます。

感じるものは多いはず。

Day 3 鹿港探索

朝食:埔里市場の小吃 昼食:蚵仔の小吃 夕食:鹿港の小吃  宿泊:鹿港小艾人文工坊

この日は、鹿港を訪れます。

鹿港という場所は、古くから商業都市として発展し、古い建物や風景が残る街。

三大古城の一つである鹿港小鎮も見られます。

ここでは、ゲーム感覚で鹿港探索をしながら、ガイドブックには載っていない事を数多く教えてもらいましょう。

Day 4 台南を歩く

朝食:鹿港の朝ごはん屋 昼食:伝統市場で 夕食:台南の小吃  宿泊:佰客台南

台南の老街を歩き、安くてウマイものを食べる。

台南はB級グルメの宝庫。

食文化から台湾の人の普段の生活が垣間見えるでしょう。

夜はそれぞれの国のことや体験を語り合い、みなさんの仲を深めましょう。

Day 5 屏東、舊達來部落へ行く

朝食:台南で朝ごはん 昼食:部落での食事 夕食:×

パイワン族が住む部落、舊達來部落へ。

台湾三大石板屋部落の一つで、石を用いた伝統的住居があります。

電気は通っていません。

信仰や生活についてのあらゆることが、家屋のトーテム雕刻に表されています。

そこでは、パイワン族の部落の歴史を知り、弓の作り方、原住民族料理、原住民演武等を学びます。

まとめ

新たな台湾を発見する旅が終わりを迎える頃には、旅のメンバーと共に作り上げた、とっておきの思い出が完成していることでしょう。

このツアーについて詳しくは、思旅thinkingtravelをご覧ください。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています