蔡依林と安室奈美恵のコラボ曲は台中の霧峰林家花園で撮影されました

蔡依林と安室奈美恵のコラボ曲は台中の霧峰林家花園で撮影されました

台湾で歌姫と言われている蔡依林(ジョリン・ツァイ)。彼女が2014年11月15日に「Play我呸」という約2年ぶりのアルバムを発売しました。その中の収録曲「I’m not yours」は、なんと安室奈美恵とのコラボ曲なんです。

台湾でも安室奈美恵はとても人気で、広告などで駅のホームや街の中の看板でよく目にします。コラボ曲「I’m not yours」のミュージックビデオでは二人が鮮やかなチャイナドレスと中国古装を身にまとっています。安室ちゃんが中国語で歌っている箇所もあり、台湾の安室ちゃんファンはとても喜んでいるようです。

そして印象的なのが美しい中華建築。このMVが撮影されたのは台中にある観光名所の庭園「霧峰林家花園」です。

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

 

霧峰林家花園を建てた霧峰林家について

霧峰林家花園は別名萊園と呼ばれ、霧峰林家(ほうむりんけ)の一族のひとり林文欽が建てた庭園です。霧峰林家は台湾で著名な一族で、基隆顔家、板橋林家、鹿港辜家、高雄陳家とともに台湾で財を成した一族「台湾五大家族」のうちの一つ。

霧峰林家は1746年に中国の福建省から渡って来た、内省人です。台湾人の多くは、この時代に中国の泉洲、廈門、安徽、福建、漳洲から渡って来た人々で台湾総人口の約73%が彼らの子孫です。彼らがこれらの地方で話していたのが閩南語で現在の台湾語と呼ばれる言葉で、現在でも公用語として台湾で使われています。

最近は祖父母と別々に暮らす家族が多く、祖父母は閩南語しか話せないが、今の世代は家でも仕事場でも学校でも北京語だけを話す人が増えてきている為、若い人は閩南語のリスニングは出来るけど、話せないという人も多いです。しかし、南部では北部の人よりも閩南語を話す人が多く、家族と話す時は閩南語、友達と話す時は北京語と使い分けている台湾人も多くいます。

霧峰林家一族は日本統治時代の前の清朝時代から樟脳の専売権を売るなどして権力を拡大し、日本統治時代後の国民党が中国から台湾に渡ってきた時代には今でも台湾でよく目にする、彰化銀行を家族で経営しました。その後も政治などに関わっていましたが、この庭園を築いた林文欽は文学、演劇、美術を愛好し、林家は芸術で注目されるようになりました。

彼は芸術的才能を活かして、1888年から1893年に銀50万両を費やして、隠居暮らしの為に自然と芸術を融合したこの庭園を造り上げ、1987年に一般公開されるようになりました。

 

とても豪華な庭園

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    写真/寶小銘

  • 霧峰林家花園 台中

    霧峰林家の資料館 館内は撮影禁止/寶小銘

 

この豪華さからもわかるように霧峰林家は莫大な富を持っていたことが分かります。建物のデザインが大変凝っていて見ごたえがありますよ。

園内は池や緑など自然が豊富で建物と自然がうまく融合しています。休むスペースもあるので、天気の良い日は優雅にここで日光浴も良さそうです。

霧峰林家花園 台中 安室ちゃんと蔡依林が座っていた階段

安室ちゃんと蔡依林が座っていた階段/wangyaling

霧峰林家花園 台中 安室ちゃんと蔡依林が踊っていた舞台

安室ちゃんと蔡依林が踊っていた舞台/modaw

 

台湾に残る貴重な遺産。この時代の庭園はなかなか台湾に残っておらず、独特なデザインもここでしか見ることができません。ぜひ、訪問してみてください。

 

 

<営業時間>

火曜日から日曜日の9:00~17:00(月曜日は定休日)

<入場料>

一般250元、小学生200元、6歳以下無料

<行き方>

台湾鉄道台中駅からバス50か100に乗り、霧峰郵局バス停(中正路)下車、霧峰郵局バス停から徒歩約5分

 

霧峰林家花園:台中市霧峰區民生路26號

台中市霧峰區民生路26號   
Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
Sponsored Links
【あわせて読みたい】