この記事をシェア!

JACDECの2015年版世界の航空会社安全性ランキング 60社中エバー航空第3位・中華航空第59位

この記事をシェア!

JACDECの2015年版世界の航空会社安全性ランキング 60社中エバー航空第3位・中華航空第59位

航空会社の安全性を検証している、ドイツの調査機関JACDEC(Jet Airliner Crash Data Evaluation Centre)が、世界の航空会社の安全性について、ランキングを発表しました。

国際航空運送協会(IATA)の運航安全監査プログラムに参加する、世界の主要航空会社60社を対象に、過去30年間の航空事故などを考慮して、指数を算出しています。

スポンサーリンク

世界の航空会社の安全性ランキング2015

1位:キャセイパシフィック航空(香港)

2位:エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)

3位:エバー航空(台湾)

4位:エア・カナダ(カナダ)

5位:KLMオランダ航空(オランダ)

(省略)

56位:ガルーダ・インドネシア航空(インドネシア)

57位:マレーシア航空(マレーシア)

58位:エア・インディア(インド)

59位:チャイナエアライン(台湾)

60位:ライオン・エア(インドネシア)

1位は香港のキャセイパシフィック航空。

日台間も運航しているので、乗った事がある人も多いのではないでしょうか。

台湾の2大航空会社である、エバー航空は3位、中華航空(チャイナエアライン)は59位でした。

かつては「4年ごとに墜落する」と言われていたチャイナエアラインも、現在は4年以上事故は起きていないようです。

日本の航空会社は・・・

ANAが11位、JALが44位でした。

日本の航空会社で、このランキングの対象となる、国際航空運送協会(IATA)に加盟しているのは、ANAとJALだけです。

ですから、日本のLCCは、このランキング作成の対象外のため、ランキングに入っていません。

まとめ

「エバー航空って、台湾の航空会社だからなんか不安」と思っていたあなた、そんなことはありません。

いまや日本の航空会社よりも安全な航空会社は、たくさんあるんですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています