台湾で最も地価が高い永康街にある沁園はオシャレ茶器の販売店

台湾で最も地価が高い永康街にある沁園はオシャレ茶器の販売店

永康公園の目の前にあり、老茶やプーアール茶、凍頂烏龍茶といったこだわりの茶葉やオリジナルの茶器を扱っている沁園(チンユェン)。正面がガラス張りなので入りやすいのがいいですね。

沁園 プーアール茶

写真/沁園

雲南プーアール茶 27年もの 1900元

沁園においてあるプーアール茶はほとんどが20年以上のもの。

老化防止や免疫力を高める効果があるといわれているプーアール茶、若い茶葉だとちょっと苦いのですが、こちらは苦さがなく飲みやすいです。

  • 沁園

    湯のみ 1000元/沁園

  • 沁園

    客家柄の蓋つき湯のみ 400元/沁園

実はここ沁園がある場所は、現在台湾で一番地価が高い場所なんです。その額1坪655万元(約2400万円)。

台北の銀座といわれる東区が一番高いと思っていましたが、それも今や昔。

永康街にMRTが開通して行きやすくなり、今までに加えより多くの日本人韓国人の観光客が押し寄せている事もあって地価が高騰しているんだとか。

聯合晚報 2014年台湾の地価一覧

写真/聯合晚報

沁園の住所は永康街10號、永康街1號は小籠包の有名店高記

ランキング2位の開封街は台北駅前の三越裏方面で、ランキング5位と6位の大東路は士林夜市内。8位~10位が台北101~東区のエリア。

永康街の地価がかなり高いことがわかりますね。

沁園:台北市永康街10-1號 MRT東門駅5番出口徒歩5分 TEL:(02)2321-8975 営業時間:11:00~21:00

 台北市永康街10-1號  
スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!