この記事をシェア!

台湾人は2か月に1回レシートをチェックする。なぜならレシートが宝くじになっているから!

この記事をシェア!

台湾人は2か月に1回レシートをチェックする。なぜならレシートが宝くじになっているから!

台湾で買い物した時に貰うレシート。

よく見ると、上のほうに8ケタの番号が振られていますよね?

実は、その番号は宝くじなんです!

今回は、台湾のレシート宝くじについて紹介します。

スポンサーリンク

台湾のレシートは捨てないで!

統一發票と呼ばれる、このレシート宝くじ。

2か月ごとに当選番号が発表されます。

ですから、台湾人はレシートを捨てずにとっておくんですよ。

外食文化の台湾では、2か月分のレシートともなると、かなりの量になります。

台湾在住の外国人や、外国人旅行者でも、当選金を受け取ることができます。

なぜレシート宝くじになったのか

このレシート宝くじが導入された理由は、企業の脱税防止だそうです。

レシートを宝くじにしておけば、お客さんはレシートが欲しい

企業はレシートを発行せざるを得ない

レシートを発行すると記録が残る

という事らしいです。

そして、公共料金や屋台形式のお店などの一部を除いて、企業は必ずレシートを発行するようになりました。

公共料金もレシート宝くじの対象に

先日の財政部の発表によると、遅くとも2015年10月には、電気・ガス・水道などの公共料金のレシートにも、宝くじの番号をつけるようになるとのこと。

そうなると、貰うレシートの数は増えますが、当選する確率は下がってしまいます。

また、公共料金のレシート宝くじ導入にあたり、副6等が廃止されるかもしれないとの事で、台湾人にとっては、それほど喜ばしい事ではないようです。

レシート宝くじの当選金

  • 特別賞(8桁完全一致):1,000万元(約3500万円)
  • 特賞(8桁完全一致):200万元(約700万円)
  • 1等(8桁完全一致):20万元(約70万円)
  • 2等(1等当選番号の下7桁一致):4万元(約14万円)
  • 3等(1等当選番号の下6桁一致):1万元(約3.5万円)
  • 4等(1等当選番号の下5桁一致):4,000元(約1.4万円)
  • 5等(1等当選番号の下4桁一致):1,000元(約3,500円)
  • 6等(1等当選番号の下3桁一致):200元(約700円)
  • 副6等(指定の下3桁一致):200元(約700円)

最高約3500万円。夢がありますね。

200元なら、たまーに当たりますね。

たまーに、とは言っても、管理人が台湾で生活していた1年3カ月の間に、レシート宝くじが当たったのは1回だけ、当選金額200元でした。

もっと当たるかと思っていたのですが、現実はそんなものですね。

レシート宝くじの引換期間

レシート宝くじは、当選番号発表日、引換期間が決まっています。

もしも当たっていた場合は、引換期間の間に、台湾の郵便局へレシートを持って行って、換金しましょう。

購入期間

当選番号発表日

引換期間

1月~2月

3月25日

4月6日~7月5日
3月~4月

5月25日

6月6日~9月5日
5月~6月

7月25日

8月6日~11月5日
7月~8月

9月25日

10月6日~1月5日
9月~10月

11月25日

12月6日~3月5日
11月~12月

1月25日

2月6日~5月5日

8月に発行されたレシート宝くじは、9月25日に当選番号が発表され、引換期間が1月5日まで。

つまり、お盆の時の台湾旅行でのレシート宝くじが当たっていたら、年末年始の台湾旅行の時に引き換える事ができます。

レシート宝くじの当選確認方法

当選番号は、財政部のHPから確認できます。

トップページから公告訊息→統一發票中獎號碼をご覧ください。

まとめ

年に何回も台湾に行く方、レシートは捨てずにとっておきましょう!

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています