この記事をシェアする

台湾人は2か月に1回レシートをチェックする。なぜならレシートが宝くじになっているから!

この記事をシェアする

台湾人は2か月に1回レシートをチェックする。なぜならレシートが宝くじになっているから!

台湾で買い物した時に貰うレシート。

よく見ると、上のほうに8ケタの番号が振られていますよね?

実は、その番号は宝くじなんです!

今回は、台湾のレシート宝くじについて紹介します。



台湾のレシートは捨てないで!

統一發票と呼ばれる、このレシート宝くじ。

2か月ごとに当選番号が発表されます。

最高賞金は、1,000万元(約3750万円)。

ですから、台湾人はレシートを捨てずにとっておくんですよ。

台湾在住の外国人や、外国人旅行者でも、当選金を受け取ることができます。

旅行者でも台湾のレシートは捨てずにとっておいてください。

なぜレシート宝くじになったのか

このレシート宝くじが導入された理由は、企業の脱税防止だそうです。

その昔、企業が売上をごまかして申告していたため、納税額が少なく、税収が少ない事に悩んだ政府が考え出したもの。

レシートを宝くじにしておけば、お客さんはレシートが欲しい

お店はレシートを発行せざるを得ない

レシートを発行すると、お店側で売上記録が残るので、お店側は売上をごまかすことができない

という事らしいです。

そして、屋台形式のお店などの一部を除いて、お店(企業)は必ずレシートを発行するようになりました。

レシート宝くじの当選金

  • 特別獎(特別賞/8桁完全一致):1,000万元(約3750万円)
  • 特獎(特賞/8桁完全一致):200万元(約750万円)
  • 頭獎(1等/8桁完全一致):20万元(約75万円)
  • 二獎(2等/1等当選番号の下7桁一致):4万元(約15万円)
  • 三獎(3等/1等当選番号の下6桁一致):1万元(約3.7万円)
  • 四獎(4等/1等当選番号の下5桁一致):4,000元(約1.5万円)
  • 五獎(5等/1等当選番号の下4桁一致):1,000元(約3,750円)
  • 六獎(6等/1等当選番号の下3桁一致):200元(約750円)
  • 增開六獎(副6等/下3桁が指定の当選番号と一致):200元(約750円)

最高約3750万円。夢がありますね。

200元なら、たまーに当たりますね。

たまーに、とは言っても、管理人が台湾で生活していた1年3カ月の間に、レシート宝くじが当たったのは1回だけ、当選金額200元でした。

もっと当たるかと思っていたのですが、現実はそんなものですね。

レシート宝くじの引換期間

レシート宝くじは、当選番号発表日及び引換期間が、完全に日付で決まっています。

もしも当たっていた場合は、引換期間の間に、台湾の郵便局へレシートを持って行くと、換金する事ができます。

また、当選金額が200元(六等及び副六等)の引換期間内のレシートは、台湾内の7-11もしくはファミリーマートで、200元分の金券として使えます。

(お釣りは出ません)

※スマホの方は横スクロール

購入期間

当選番号発表日

引換期間

1月~2月

3月25日

4月6日~7月5日
3月~4月

5月25日

6月6日~9月5日
5月~6月

7月25日

8月6日~11月5日
7月~8月

9月25日

10月6日~1月5日
9月~10月

11月25日

12月6日~3月5日
11月~12月

1月25日

2月6日~5月5日

8月に発行されたレシート宝くじは、9月25日に当選番号が発表され、引換期間が1月5日まで。

つまり、お盆の時の台湾旅行でのレシート宝くじが当たっていたら、年末年始の台湾旅行の時に引き換える事ができます。

レシート宝くじの当選確認方法

当選番号は、財政部のHPから確認できます。

トップページから公告訊息→統一發票中獎號碼→「○年○月、○月」(該当月)をご覧ください。

台湾のレシート宝くじの当選確認方法!スマホアプリを使えば楽々♪
台湾では、夜市の屋台や一部小さな飲食店を除くほとんどのお店で、日本同様レシートが発行されます。 しかし、この台湾のレシートが日...

レシートを寄付する事もできる

年に何回も台湾へ行く方は、レシートは捨てずにとっておきましょう!

年に何回も台湾へ行かない方(特に年に一回ペース以下の方)は、レシートが当選しても引き換える事ができないので、台湾旅行終了までに、ぜひコンビニ等にあるレシート入れにレシートを寄付してください。

慈善団体が不要レシートを集め、当選金を慈善事業に役立てています。

台湾のコンビニにあるレシート入れは「ごみ箱」ではなく「募金箱」です
台湾旅行に行って、コンビニで買い物したとき、「レシート要らないからここに入れておこう」と、レジ横のレシート箱に入れていた方! ...

200元当たったレシートを、「200元じゃ、換金するために台湾へ行く気にはならないわ」と、換金せずにそのまま日本でゴミ箱に捨てると、それは単なるゴミ。

そのレシートを寄付しておけば、慈善団体は200元の収入になったのです。

まとめ

私の周りで、「高額当選した」と言っていた人の当選金額は、最高4,000元。

それ以上当たっていた場合は、他人には言わないでしょうね~。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

【おすすめ記事】

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!