台南おすすめ居酒屋「啤酒屋 沙卡里巴(さかりば)」はキワドイ看板がありますが決していかがわしい店ではありません

この記事をシェア!

台南 沙卡里巴

台南でお酒を飲むにはどこへ行けば良いのか、迷ったらここ!という場所をご紹介します。

こちら沙卡里巴は台南で有名な居酒屋です。「沙卡里巴」は「さかりば」と読み日本語の盛り場からとった名前です。日本時代に生まれた言葉で、人が沢山集まる場所という意味を表しています。

外装も内装も50年代から60年代をイメージしていて、当時の映画の宣伝やお酒の看板、ポストなどが飾られていてとても迫力のあるつくりになっています。

台南 沙卡里巴

店内の様子/倫敦男孩

「黑貓歌舞團」とは、日本統治時代に台湾に実在した歌劇団。当時の日本の松竹歌劇団などが台湾で公演したことに影響を受け、楊三郎という台湾人が創設し、台湾中を巡業していたそうです。

創設当初は女性が普通に歌や踊りを披露するものだったそうですが、時代の流れとともにだんだん過激な衣装になっていったとか。

  • 沙卡里巴

    店内の様子/倫敦男孩

  • 沙卡里巴

    店内の様子/倫敦男孩

  • 沙卡里巴

    外観/倫敦男孩

  • 沙卡里巴

    外観/倫敦男孩

こちらでは、台南料理をメインに提供しており、その他にも客家料理そして日本料理などを提供しています。

台南料理はおかずを小分けに出して、味付けは台北よりも甘めなのが特徴です。中国語で「小吃」と言います。日本語で言うと軽食みたいな意味です。ですので色々な種類のおかずを少しずつ食べることが出来ます。

台南ではこのような小吃を三食以外にもおやつや夜食として食べたりと、一日に何回も食べることが多いのです。

沙卡里巴

店内の様子/倫敦男孩

ゴーヤチャンプル 100元(約300円)

台湾では鹹蛋苦瓜と言います。

台湾の料理は沖縄の料理とも似ているんです。

沙卡里巴

店内の様子/倫敦男孩

銀絲卷 30元(約90円)

台南ではよく色々なレストランで目にします。

外はカリカリでなかはふわふわ。素朴な味ですが、練乳を付けて食べると美味しいです。

  • 沙卡里巴

    写真/倫敦男孩

  • 沙卡里巴

    写真/倫敦男孩

  • 沙卡里巴

    写真/倫敦男孩

  • 沙卡里巴

    写真/倫敦男孩

どの料理もお酒に良く合う料理で、賑やかなお店の雰囲気に浸りながらお酒を飲むのは最高です。

メニューを見て分かるようにどれも100元~150元(約300円~450円)程で安く頂けます。1人1000円も払えばお腹いっぱい食べられると思います。日本語のメニューも頼めば用意してくれます。

ご友人とお酒を飲んで盛り上がりたい時は、レトロな雰囲気に囲まれながら、沙卡里巴で盛り上がってみるのはいかがですか?

啤酒屋 沙卡里巴:台南市中西區府前路2段213號 台鐡台南駅からタクシーで10分程 電話 :06-2227838 營業時間:11:00-14:00、17:00-02:00 年中無休

 台南市中西區府前路2段213號  
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!