この記事をシェア!

健康&長寿のお祈りなら保安宮へ 200年以上の歴史と3000坪の広さがあります

この記事をシェア!

保安宮

保安宮は大龍峒保安宮ともいい、台湾北部の重要な廟のひとつ。中国福建省から台湾に渡ってきた人のために建立され、200年以上の歴史があります。総面積は3000坪という大きな廟。

医療の神様である「保生大帝」のほか、学問の神様、商売の神様、安産の神様などがまつられていて、無病息災や長寿を祈る人々が集います。お向かいの台北孔子廟と一緒に参拝する方も多くいらっしゃいます。

保安宮の建築はその精巧な彫刻芸術でも有名で、美しい彫刻を眺めながら参拝すると気持ちがリラックスできるでしょう。

  • 保安宮

    写真/旅遊王

  • 保安宮

    写真/旅遊王

  • 保安宮

    写真/froda

  • 保安宮

    写真/froda

  • 保安宮

    写真/froda

保生大帝神生誕前日の旧暦3月14日(新暦の4月~5月くらい)に保生文化祭というお祭りが催行されます。廟周辺で行われるパレードでは、住民が爆竹を鳴らして歓迎の意を表します。日本で爆竹を鳴らすという行為は日常生活の中でほとんどありませんが、台湾の廟のお祭りでは爆竹がかかせません。

その他に龍のパフォーマンスや火渡り儀式などもあり、日本とは違う台湾の宗教行事を見ることができます。

  • 大龍峒保安宮

    パレード/大龍峒保安宮

  • 大龍峒保安宮

    龍のパフォーマンス/大龍峒保安宮

派手だけど美しい台湾のお寺。ぜひ参拝してみてください。

大龍峒保安宮:台北市大同區哈密街61號 MRT圓山駅徒歩7分 TEL:02-2595-1676 開放時間:06:30~22:00 定休日:なし

台北市大同區哈密街61號   

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています