この記事をシェア!

【KANO情報】八田與一技師の作った烏山頭ダムがある烏山頭水庫風景区

この記事をシェア!

【KANO情報】八田與一技師の作った烏山頭ダムがある烏山頭水庫風景区

『KANO~1931海の向こうの甲子園~』の中で大沢たかおさんが演じている八田與一(はった よいち)技師。

彼は台湾に烏山頭(うさんとう)ダム嘉南用水路を建設しました。烏山頭ダムの満水貯水蔵は1億5千万トンで黒部ダムの75%に相当し、嘉南用水路は1万6千キロメートルにも及びこれは万里の長城の6倍もの長さに達する長さでした。

これらが建設される前には、台湾の水質が悪く、水が原因で病気になる台湾人が多くいたのですが、水質が改善され、さらにダム完成から7年後には農作物生産額が11倍に達し、特にサトウキビ生産が盛んになりました。

これらの農作物を運ぶために、今でも利用されている台湾鉄道が開通され台湾の全ての発展に彼の力は大きく影響しました。

烏山頭ダムの規模は当時東洋一の規模で、どれだけ当時日本が台湾の発展に尽力してきたかが分かります。このことから八田與一技師は今でも台湾の中学校の歴史教科書「認識台湾」で紹介され台湾の英雄として知られています。

その烏山頭ダムの一部が烏山頭水庫風景區内にて公開されています。

烏山頭水庫風景區

ダム放水口/烏山頭水庫風景區

このようにダムの放水口を見ることができます。

八田與一技師は太平洋戦争中、フィリピンに向かう船に乗船中その船がアメリカ海軍の船に撃沈され死亡。この放水口は八田與一技師の奥様、外代樹(とよき)が日本が敗戦した後、投身自殺した場所として知られています。

  • 烏山頭水庫風景區

    写真/烏山頭水庫風景區

  • 写真/烏山頭水庫風景區

    写真/烏山頭水庫風景區

  • 写真/烏山頭水庫風景區

    写真/烏山頭水庫風景區

  • 写真/烏山頭水庫風景區

    写真/烏山頭水庫風景區

広大なダムのほんの一部ですが、このように公開されています。とっても綺麗な景色でダムとしてだけでなく、絶景として風景を楽しめます。自然に触れてリフレッシュしたい時にこちらへ来ると良さそうです。

八田氏銅像/烏山頭水庫風景區

八田氏銅像/烏山頭水庫風景區

八田與一の墓と銅像もこちらのダムのそばにたたずんでいます。

日本統治時代が終わり、中国から国民党が渡ってきた後、台湾は中国から渡って来た外省人に統治されます。その時代には国民党による反日教育が始まった為、こちらのような日本人の銅像は没収の対象となりました。

ですが、台湾人は自分の命をかけてまでも、日本人に対する感謝の気持ちから、日本人の銅像を守りぬき、1956年には銅像が公開できるようになりました。

殉工碑/烏山頭水庫風景區

殉工碑/烏山頭水庫風景區

この殉工碑の下の部分には碑文が書かれており、またダム建設の最中亡くなられ方々の名前が彫られています。10年間の工事の間134人の方々が犠牲になりました。

八田技師は日本人も台湾人も差別無く接していたことで有名です。こちらにも日本人、台湾人関係なく順番に名前を一緒に彫られています。

この工事の間、日本本土では関東大震災があり、予算が削減され人員を削減せざるを得ない時、八田技師は敢えて優秀な人員を辞めさせたというエピソードがあります。なぜかというと、優秀な人は職を失ってもまた新たな職に簡単に就けるけど、そうでない人は就くことは難しい。だから優秀な人にやめてもらおうという考えだったのです。八田技師は当時とっても思いやりのある人だったということが分かります。

台湾に残っている日本人の功績を実際に見てみると、台湾人に何故親日な人が多いのかわかると思います。ここに来ると、自分も人のために何かしたいという気持ちが湧き上がってくると思います。

スポンサーリンク

<烏山頭水庫風景區内への行き方>

行き方は下記の2通りのうち、どちらかがおすすめです。

1.台湾鉄道の隆田駅からタクシーに乗る(30分・200~250元)

2.台湾鉄道の善化駅前のバスターミナルから大台南公車バスに乗り終点の「烏山頭水庫」で下車(30分・45元)

広大な敷地内にたくさんの見どころがある烏山頭水庫風景區。風景區内は車での移動が可能ですので、タクシーを一日チャーターする方が良いと思います。

<入場料>

大人200元、子供120元

<営業時間>

3月~10月:午前6:00~午後6:00、11月~2月:午前6:30~午後5:30

年中無休

烏山頭水庫公園:台南市官田區嘉南里68-2號 TEL: (06)698-2103

台南市官田區嘉南里68-2號
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!