この記事をシェアする

永楽市場で台湾花布を購入。バッグやスマホケースもあるよ!

この記事をシェアする


永楽市場で台湾花布を購入。バッグやスマホケースもあるよ!

台湾花布と呼ばれる、台湾の色鮮やかな花柄の布。

その布を買える布問屋市場が、台北市内にあります。

その市場とは、迪化街にある永楽市場(永樂市場/永樂布業商場)。

なんと日本統治時代から布問屋市場として栄えていたそうです。

永楽市場には、たくさんの布問屋が集まっています。

布の販売だけではなく、台湾花布を使ったバッグやスマホケースなどの既製品も販売しています。

また、布を購入すると、オーダーメイドでバッグなどを作ってもらう事ができますよ。

今回、永楽市場へ行ってきたので、中の様子を紹介します。

永楽市場

一階

一階は飲食屋台街。

永楽市場 一階は飲食屋台街。

布問屋は二階、三階がオーダーメイドをするための工房となっています。

二階

布の販売は、1ヤード(約90㎝×90㎝)単位。

ハギレ布も、1ヤードごとに裁断し、販売している事が多いです。

花布系

聖欣布行というお店は、既製品もハギレも充実しています

聖欣布行というお店は、既製品もハギレも充実しています

防水の台湾花布。1束100元。

防水の台湾花布。1束100元。

不織布(フェルト)10元

不織布(フェルト)10元

綿も売っていました

綿も売っていました

永楽市場

このスマホケース(200元)、横に紐を通す穴があるので、紐を通せば首から下げる事もできます。

このスマホケース(200元)、横に紐を通す穴があるので、紐を通せば首から下げる事もできます。

↑↑の左側はハギレ。90㎝×90㎝四方が80元です。

花布以外

花布以外の布も、たくさん揃っていますよ。

ダンスの発表会の衣装に使えそうな、スパンコールがついた布や、チュールなどもあります。

また、リボンや羽根飾りなどもあります。

ダンスの発表会の衣装に使えそうな、スパンコールがついた布や、チュールなどもあります。 また、リボンや羽根飾りなどもあります。

四面弾性網=縦横に伸びる布

何かの衣装や、ラッピング用の布としても使えそう

何かの衣装や、ラッピング用の布としても使えそう

台湾好き且つ手芸好きの方が、次に作るべきなのは、コレ!

台湾好き、且つ手芸好きの方に、ぜひ作って頂きたいのが、「環保飲料提袋」(ドリンク用エコバッグ)。

2018年1月1日より、環境保護のために、台湾ではドリンクスタンドでの無料レジ袋の提供を廃止し、有料で提供する事になりました。

ですから、今、台湾では様々な「環保飲料提袋」が発売され始めています。

林 淑賢さん(@1997_0828_)がシェアした投稿

「環保飲料提袋」で検索して、いろいろなエコバッグを見て頂ければ、手芸好きの方なら作り方は分かると思います。

ドリンクスタンドのカップの上部の直径は9㎝前後が多いそうなので、エコバッグの直径を8cm前後にするといいと思います。

手縫いで簡単に作れますので、ぜひ作って台湾旅行へ持って行って下さい。

販売されているものを買うのではなくて、家にあるハギレ布などを使ってエコバッグを作る事こそが、エコですね!

まとめ

台湾花布のバッグやポーチが欲しいと思っている方は、ぜひ永楽市場へ。

永楽市場

住所:台北市大同區迪化街一段61號

営業時間:布問屋は、お店によって違います。開店は9:00-10:00の間、閉店は18:00-18:30の間、というお店が多いようです。

アクセス:MRT松山新店線北門駅3番出口徒歩8分

永楽市場(布市場)
おすすめ記事
【おすすめ記事】
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!