この記事をシェア!

台湾の高校が甲子園に出場!映画『KANO』あらすじ紹介

この記事をシェア!

台湾の高校が甲子園に出場!映画『KANO』あらすじ紹介

台湾では2014年2月27日に公開された、日台合作映画『KANO―カノ―1931海の向こうの甲子園』

公開直後から大人気で、あまりの人気ぶりに、2014年9月にはアンコール上映されるほどでした。

この映画は、

  • 第9回大阪アジアン映画祭「観客賞」
  • 第16回台北映画祭「観客賞・助演男優賞」
  • 第51回台湾金馬奨「観客賞・国際映画批評家連盟賞・主要6部門ノミネート」
  • Yahoo!香港「海外映画賞」

などの賞を受賞した素晴らしい映画です。

この映画のプロデューサーは、『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』の魏徳聖(ウェイ・ダーション)。

いずれも日台に関係のある作品です。

今回は、台湾で大人気だった映画『KANO―カノ―1931海の向こうの甲子園』のあらすじを紹介します。

スポンサーリンク

『KANO』のあらすじ

近藤兵太郎がKANOを指導し、甲子園へ

映画の舞台は1920年代。

台湾が日本政府に統治されていた時代です。

この時、日本の一部だった台湾は、甲子園の出場資格がありました。

この時代、甲子園に行っていたチームは、日本人のみで構成された「台北商業高校」でした。

しかし、1931年、日本人と本土の台湾人及び原住民による混合チーム「嘉義農林高校」(かぎのうりんこうこう、通称KANO)が、台湾の代表として甲子園に出場。

そして、決勝まで勝ち進んだ、という実話を基にした映画です。

KANO 永瀬正敏

写真/KANO

なぜ、弱小で無名だった野球チームが、甲子園で決勝まで勝ち進んだのか。

それは、近藤兵太郎という日本人監督がいたからです。

彼がKANOに赴任後、生徒たちに厳しい指導をし、どんどん生徒たちの野球の実力を磨き上げて行きます。

さらに彼は、日本人と本土の台湾人及び原住民、それぞれの長所を生かしたチーム作りをしました。

日本人だけのチームより、多くの長所を持っているうちのチームは、どのチームよりも絶対に強くなる、と信じ、指導し続けます。

この監督・近藤兵太郎役を永瀬正敏さんが演じています。

妻の支えがあってこそ

KANO 坂井真紀 チャオチャオちゃん

写真/KANO

近藤の妻を演じるのは、坂井真紀さんです。

近藤の妻も、野球チームにおにぎりを差し入れるなど、影でKANOを支える重要な人物です。

八田技師も登場

KANO 大沢たかお

写真/KANO

嘉義農林野球部が活躍した同じ時代、台南でダム作りをしていた八田與一という人がいます。

八田與一役は大沢たかおさんが演じています。

八田與一技師が、台湾にダムを作っていなければ、今のように台湾で農作物を豊富に作れることはなかったといわれています。

彼は台湾の学校の教科書に載っているほど、台湾では重要な人物で、今でも台湾では英雄とされています。

まとめ

台湾で話題沸騰中の映画『KANO』。

全編通して、ほとんど日本語が使用されていますので、中国語が出来ない人でもOK。

とても面白い映画です。

ぜひみなさん見てみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています