この記事をシェアする

The Top 屋頂上で台北一の夜景を鑑賞しよう!

この記事をシェアする

The Top 屋頂上で台北一の夜景を鑑賞しよう!

台北市内を一望できる、陽明山の上にあるレストランThe Top 屋頂上

台湾の芸能人がパーティーを開いたり、台湾ドラマのロケ地としても使われています。

素晴らしいのは、そこから見える夜景。

台北のランドマークタワー台北101ビルも見えます。

夜景が見える、雰囲気が素敵なレストランなので、このお店でプロポーズをする男性も多いとか。

今回、The Top 屋頂上へ行ってきたので、お店の様子をまとめました。



The Top 屋頂上について

アクセス

陽明山にある「The Top 屋頂上」、交通の便が悪いので、中国語ができない外国人観光客にとっては、少し行きにくいんですよね。

でも、諦めないで!

芝山駅からタクシーで行こう

MRT淡水信義線(赤線)の芝山駅からタクシーに乗れば、おそらく片道300元程度で行けます。

最寄りの芝山駅から「The Top 屋頂上」まで、約7km・車で約20分です。

以前、約6kmの距離をタクシーで移動したら、240元でした。

約7kmの距離であれば、300元程度で行けるのではないかと。

「The Top 屋頂上」へは、たぶん複数人で行くと思うので、タクシー代をその複数人で割れば、一人分の負担は安く済みます。

台北101あたりからタクシーで行くと、距離があるのでタクシー代も高くついてしまいます。

まずはMRTで芝山駅(士林駅や明徳駅でも可)あたりへ移動して、そこからタクシーで行くのがオススメ。

台北101駅→芝山駅まで、交通費は悠遊卡払いで28元。

帰りは・・・

帰りは、お店の人に言えば、タクシーを呼んでもらえます。

流しのタクシーは、ほぼありません。

但し、夜遅い場合はタクシーの夜間料金が発生します。

バスよりも、タクシー

最も安く行く方法はバス。

しかし、最寄りのバス停から「The Top 屋頂上」まで、徒歩20分かかります。

それなら、タクシーでお店の入り口まで乗りつけたほうが、楽に行けますね。

予約について

個室のみ予約受付可、その他の席(オープンテラス席)は予約受付不可で現地での順番待ちのみ。

個室の注意事項

  • 個室C区:10人まで、最低消費額3,000元
  • 個室D区:8人まで、最低消費額3,000元
  • 個室E区:10~12人まで、最低消費額6,000元
  • VIP個室:7~8人まで、最低消費額8,000元
個室の注意事項 個室C区:10人まで、最低消費額3,000元 個室D区:8人まで、最低消費額3,000元 個室E区:10~12人まで、最低消費額6,000元 VIP個室:7~8人まで、最低消費額8,000元

写真/屋頂上

個室の利用時間(固定)

  • 12:00-16:30(土日祝日)
  • 17:00-21:30
  • 22:00-02:30

個室は利用時間制限がありますが、オープンテラス席は利用時間制限なし。

営業時間

  • 月~木:17:00-03:00
  • 金:17:00-05:00
  • 土:12:00-05:00
  • 日:12:00-03:00
  • 定休日:春節、台風で風の強い日など(Facebook上で告知)

平日は、夜のみ営業。

夏であれば、17時頃でもまだ陽が明るいので、昼と夜の景色を両方楽しめてオトク。

冬は17時頃には暗くなってしまいます。

最低消費額やその他注意事項

最低消費額:ひとり350元

クレジットカード:使用不可(現金のみ受付)

サービス料:別途10%

The Top 屋頂上、店内の様子

受付

屋頂上の受付 金曜日の夜6時半頃、到着。 個室は高いので、予約せずに普通の席を選びました。 待ち時間20分程と言われたので、受付横の待合スペースで待機。 待合スペースにはストーブがあります。寒い時でも安心。

金曜日の夜6時半頃、到着。

個室は高いので、予約せずに普通の席を選びました。

待ち時間20分程と言われたので、受付横の待合スペースで待機。

待合スペースにはストーブがあります。寒い時でも安心。

また、受付横にはお店の駐車場への入り口があります。

その駐車場がいっぱいだった場合は、お店の前の路肩にも駐車できます。

車で来た方は、きちんと決められたスペースへ駐車しましょう。

店内

屋頂上 待ち時間があったものの、店内は結構空いていました。 (厨房が混んでいたのかな?) 席に着いたら、料理や飲み物を注文しましょう。 最低消費額は、ひとり350元です。

待ち時間があったものの、店内は結構空いていました。

(厨房が混んでいたのかな?)

席に着いたら、料理や飲み物を注文しましょう。

最低消費額は、ひとり350元です。

メニューは全て写真と英語表記付。

店内は自由に散策して構いませんので、食事が終わったらウロウロしてみましょう。

もちろん、人様の食事を邪魔しないようにしてくださいね。

屋頂上 店内は自由に散策して構いませんので、食事が終わったらウロウロしてみましょう。 もちろん、人様の食事を邪魔しないようにしてくださいね。

屋頂上の店内1

屋頂上の店内2

屋頂上の店内3

屋頂上 左上の青白い縦長の光が台北101

左上の青白い縦長の光が台北101

この階段は写真撮影スポット。

記念写真はこちらでどうぞ。

屋頂上 この階段は写真撮影スポット。 記念写真はこちらでどうぞ。

屋頂上 階段

階段を降りたところにあるトイレ。

屋頂上 階段を降りたところにあるトイレ。

雨の日はどうなってるの?

今回は晴れていましたが、雨の日はどうなっているのでしょうか。

雨の日に行った事がある友人によると、「特大パラソルが設置されていて、外の席で食事はできるけど、前の席の特大パラソルが邪魔で、自分の席から景色が見えなかった」との事。

やはり、晴れた日に行きたいですね。

坂を50m上った中国文化大学体育館前が穴場

お店の前の坂を50mほど上ると、中国文化大学体育館があります。

そこからも、台北市内を一望できます。

夕陽・夜景の写真を撮りたい人は、ここから撮るといいかも。

坂を50m上った中国文化大学体育館前が穴場 お店の前の坂を50mほど上ると、中国文化大学体育館があります。 そこからも、台北市内を一望できます。 夕陽・夜景の写真を撮りたい人は、ここから撮るといいかも。

中国文化大学体育館前からの景色

まとめ

華流ファンなら一度は行きたい「The Top 屋頂上」。

ぜひみなさんも行ってみてください。

The Top 屋頂上:台北市士林區凱旋路61巷4弄33號

屋頂上
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

おすすめ記事
【おすすめ記事】

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!