この記事をシェア!

冬至には台湾版ぜんざいを 甘酒スープ×ゴマ餡入り白玉団子という不思議な組み合わせ

この記事をシェア!

臺一牛奶大王

2014年の冬至は12月22日。日本では冬至の日に柚子湯に入ったり、かぼちゃを食べたりしますが、台湾では湯圓(タンユエン)を食べます。

湯圓とは日本でいう白玉だんごのようなもの。湯圓は丸いので、一家団欒や円満を願って食べるんですね。

台湾の湯圓には2種類あり、ひとつは小さなお団子で中に何も入っていない紅白のもの、ひとつは少し大きめのお団子で中にゴマ餡が入ったもの。本来、冬至の日に食べるのは紅白のもので、元宵節(旧暦1月15日)に食べるのがゴマ餡入りのものだそうですが、現在ではあまり区別なく食べられているそうです。

湯圓は湯でてそのまま食べたり、甘いとろみのあるスープに入れたりして食べます。特に紅白の湯圓は味がないため、小豆スープに入れることが多いです。つまり日本のぜんざいのような感じ。

スポンサーリンク

臺一牛奶大王

夏はかき氷、冬は湯圓と一年中スイーツが食べられるお店。

ぜんざい版もありますが、このお店のイチオシは酒醸芝麻湯圓という、甘酒スープにゴマ餡入り白玉団子をいれたもの。冬季限定メニューです。日本人には不思議な組み合わせですね。

  • 臺一牛奶大王

    写真/iPeen 愛評網

  • 臺一牛奶大王

    写真/iPeen 愛評網

  • 臺一牛奶大王

    紅豆湯小湯圓(台湾版ぜんざい)/iPeen 愛評網

  • 臺一牛奶大王

    酒醸芝麻湯圓/iPeen 愛評網

  • 臺一牛奶大王

    花生芝麻湯圓(ピーナッツスープ×ゴマ餡白玉)/iPeen 愛評網

  • 臺一牛奶大王

    夏はプリン乗せかき氷もあり/iPeen 愛評網

台湾大学のすぐそばにあり、各大学を代表する美食対決で1位になったこともあるこのお店。

12月22日に台湾にいる方は、ぜひ食べてみてください。

臺一牛奶大王:台北市大安區新生南路三段82號 MRT公館駅徒歩5分 TEL:02-2363-4341 営業時間:11:00~24:00

台北市大安區新生南路三段82號
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています