台中の高美湿地風景区の風車と夕日のコラボが美しすぎる

台中の高美湿地風景区の風車と夕日のコラボが美しすぎる

台中市清水区にある高美湿地風景区。毎年渡り鳥がやってきて冬を越すため、たくさんの野鳥愛好家が写真を撮影しにきます。野鳥だけでなく魚やカニなどが生息し、絶滅危惧種に指定されているヒメウキヤガラ(雲林莞草)という水草がたくさん生えています。

また、台湾中部いちの美しい夕日が見られることで知られ、近年台中観光の人気スポットとなっています。

東海大学生物学部や台中市政府農業局の働きかけにより、2005年に台中市政府が保護区として認定しました。

  • 台中高美湿地風景区

    この看板を目印に/高美濕地旅遊網

  • 台中高美湿地風景区

    歩道が整備されています/旅遊王

  • 台中高美湿地風景区

    写真/旅遊王

  • 台中高美湿地風景区

    写真/旅遊王

  • 台中高美湿地風景区

    カニがいます/旅遊王

  • 台中高美湿地風景区

    台湾中部いち美しい夕焼け/旅遊王

風車と夕日のコラボなんてなかなか見られませんね。恋人同士でちょっとお出かけしてみませんか。

 

<高美湿地風景区への行き方>

台湾鉄道清水駅下車→中山路まで歩き、巨業客運バスに乗り清水バス停下車→高美路もしくは三美路行きのバスに乗り、高西示範托兒所前バス停で下車→50mほど前進すれば、高美湿地です。

 

高美湿地風景区:台中市清水區大甲溪出海口

高美湿地

 

Sponsored Links
【サイトの更新情報をフォロー】
Instagram
Sponsored Links
【あわせて読みたい】