台中国家歌劇院の制服の理想と現実が違いすぎた件

台中国家歌劇院の制服の理想と現実が違いすぎた件

2014年11月に一度落成したものの、多数の欠陥が見つかり改修作業が進められていた台中国家歌劇院。2016年9月30日についに正式オープンしました。

台中国家歌劇院の建物は、日本人建築家の伊東豊雄氏によるデザイン。

伊東氏は、台北世界貿易センター広場・台湾大学社会科学部棟・台北松山文創ビルなども手掛けている、台湾との関わりが深い建築家です。

 

台中国家歌劇院の美しい建築や館内レストランにVVGが入っている事でも話題ですが、台湾ではまた違った点が注目を集めていました。

そ・れ・は・・・国家歌劇院のスタッフの制服!!

 

台中国家歌劇院のスタッフの制服(モデル写真)

台中国家歌劇院の制服の理想と現実が違いすぎた件

写真/台中国家歌劇院

新進気鋭の若手デザイナー・黄薇(Jamie Wei Huang)氏がデザインした、こちらの制服。

従来の“制服”の概念を覆す、斬新でスタイリッシュなデザイン。

これを実際のスタッフが着ると・・・

 

台中国家歌劇院のスタッフの制服(現実)

台中国家歌劇院の制服の理想と現実が違いすぎた件

写真/台中国家歌劇院

なんだかイメージが違いますね。

これについて黄薇氏は、「髪型と化粧が中途半端で、制服のサイズが合っていない。歌劇院から女性スタッフの採用基準は162㎝以上で標準体型だと聞いていたので、そのスタイルに合うデザインにしていた。そして予算の関係でS・M・Lの3サイズのみしか製作していない。」とコメントしています。

黄薇氏自身のブランドでは、5サイズ展開しているとのこと。

上の写真の5名中4名は学生アルバイトだそうです。正式採用のスタッフはこちら。

台中国家歌劇院の制服の理想と現実が違いすぎた件

写真/台中国家歌劇院

あのポシェットには何を入れるんでしょうか・・・。

台中国家歌劇院(National Taichung Theater)、略してNTTではスタッフの制服にも注目してみてください。

 

台中国家歌劇院:台中市西屯區惠來路二段101號
開館時間:平日10:30-22:30、土日祝日10:00-23:00
TEL:04-2251-1777
アクセス:高鐵台中駅から161番バスに乗り台中国家歌劇院バス停下車。運行間隔20分。

台中市西屯區惠來路二段101號

参照元:專訪/歌劇院制服實穿為何差很大 黃薇2點說分明

【関連記事】
Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
follow us in feedly
Sponsored Links
【あわせて読みたい】