この記事をシェア!

長澤まさみが台湾ドラマ主演!平岡佑太やAAA伊藤千晃も台湾ドラマに出演!

この記事をシェア!

長澤まさみが台湾ドラマ主演!平岡佑太やAAA伊藤千晃も台湾ドラマに出演!

台湾ではケーブルテレビで日本の番組専門チャンネルがあり、日本のドラマやバラエティがほぼすべてといっていいほど放送されています。その影響もあってか、現在日台の芸能面での交流が活発で、日本人タレントが台湾のドラマに出演するというのが一種のブームになっています。

そこで、日本人タレントが出演した台湾ドラマ3作品を、台湾での放送が新しい順に紹介します(ここでいう日本人タレントとは、活動拠点を日本に置いている日本人タレントのことを指します)。

スポンサーリンク

1.平岡佑太出演「熱海戀歌」(ずっと君を忘れない)

平岡佑太出演「熱海戀歌」(ずっと君を忘れない)

写真/熱海戀歌

2014年3月に放送開始。1970年代の北投温泉を舞台にしたドラマで、政府の文化局から5000万元の補助を受け、4K対応規格で製作され、総製作費は1.5億元という官民一体となり力を入れた台湾脚本のドラマ。

時代背景が70年代のため、ドラマ内のセリフはほぼ台湾語が話されており(字幕は普通話)、主役の人が日本語ができる役ということで平岡佑太のドラマ内でのセリフは全て日本語でした。

平岡佑太は脇役で、役どころは恋人がいる女性を奪い、金にものをいわせ結婚してしまうという嫌な役だったのですが、それでもキムタク主演ドラマ「安堂ロイド」の撮影と並行しながらこのドラマを撮影したそうなので、よほど好条件でのオファーだったのでしょう。

2.長澤まさみ主演「流氓蛋糕店」(ショコラ)

長澤まさみ出演「流氓蛋糕店」(ショコラ)

写真/流氓蛋糕店

2012年9月に撮影開始、2013年2月に撮影終了、2014年1月に放送開始。日本の漫画『ショコラ』をドラマ化したもので、やくざが死んだ妻の意志を汲んでケーキ屋を開店、そこへ血のつながらない娘(長澤)がやってくるという内容。

ドラマ内で日本語のできる役の人がたくさん出てくるので、長澤まさみは中国語のセリフと日本語のセリフが半々くらいでしたが、中国語のセリフは吹き替えなしで自分で話していたので、とても頑張っていました。

長澤まさみが中国語ができるようになったのかはわかりませんが、金城武主演の東アジア合作映画『太平輪』にも出演していますから、今後中華圏に進出するかもしれませんね。

3.AAA伊藤千晃出演「蜂蜜幸運草」(ハチミツとクローバー)

AAA伊藤千晃出演「蜂蜜幸運草」(ハチミツとクローバー)

写真/蜂蜜幸運草

2008年5月放送。日本の漫画『ハチミツとクローバー』をドラマ化。チャン・チュンニンも出演しています。

伊藤千晃は花本はぐみ役。もともとセリフの少ない役なのですが、伊藤千晃のセリフは中国語吹き替えになっています。

女優として活動していないのに、台湾のドラマに出演。その後も日本で目立った女優活動がなく中国語を使う活動もこれといったものがないので、やはり台湾側の話題作り&何かの事情があったんでしょう。

羽田空港―台北松山空港の路線が就航したのが2010年。フライト時間は3時間半ほどですから、いまや地方の僻地へ行くよりも、台北に行った方が楽なくらい。地方ロケくらいの感覚で移動ができてしまうため、好条件のオファーがくれば、断る理由はありません。

また、ここには書きませんが、日本のセクシー女優が出演した台湾ドラマや台湾映画もありますよ。興味のある人は調べてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!