台湾高雄のデング熱感染者が1万人越え、虫よけ対策を万全に!

台湾高雄のデング熱感染者が1万人越え、虫よけ対策を万全に!

日本ではめっきり報道されなくなったデング熱ですが、台湾では高雄市を中心に、デング熱の感染者が増加しています。

台湾・衛生福利部疾病管制署によると、2014年1月1日から11月11日までの累計感染者は1万878人に達しています。デング熱流行が最も深刻な高雄市では、同期累計感染者が1万410人に達しています。高雄市以外の主な都市の感染確認者数は台北市(57人)、新北市(45人)、桃園県(24人)。

台湾デング熱感染者分布図(2014/01/01 - 2014/11/11)

台湾デング熱感染者分布図(2014/01/01 – 2014/11/11)/台湾衛生福利部疾病管制署

台湾・衛生福利部疾病管制署は発病日ベースで、デング熱感染者数を発表しています。

2012年、2013年の発症数と比べ、2014年は8倍近いペースで感染者が増えています。

2012年~2014年の感染者数推移

過去三年間の感染者数推移/台湾衛生福利部疾病管制署

もともと台湾はデング熱の発生地域。台北を含め台湾全土では冬でも蚊がいます。今後特に高雄に旅行に行かれる方は、長そで長ズボンを着る(タイツを履いていても刺されるので長ズボン着用をおすすめ)・虫よけスプレーを使用するなど、蚊対策を万全にしてくださいね。

Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
Sponsored Links
【あわせて読みたい】