この記事をシェア!

台湾を代表する芸術家、朱銘の作品が展示された朱銘美術館

この記事をシェア!

朱銘美術館

朱銘(チュウ・ミン)は1938年苗栗県に生まれました。15歳の頃から廟の彫刻や絵画を学び、30歳になると台湾彫刻界の大家「楊英風」に入門。木彫りと現代彫刻の精神を融合させ、独自のスタイルを確立しました。

その後国内外の展覧会に参加し、世界的にも有名な台湾アーティストとなりました。1999年新北市金山郷にこの「朱銘美術館」を設立し、3万坪を超える敷地内に千を超える作品を収蔵しています。

  • 朱銘美術館

    写真/朱銘美術館

  • 朱銘美術館

    写真/朱銘美術館

  • 朱銘美術館

    写真/朱銘美術館

  • 朱銘美術館

    写真/朱銘美術館

  • 朱銘美術館

    写真/朱銘美術館

屋外に展示されている巨大彫刻では、同じポーズで写真をとる人も。人間をモチーフにした作品が多い朱銘。自然の中で堂々と立っている力強い彫刻を見れば、生きる力が湧いてくるようです。

朱銘美術館:新北市金山区西勢湖2号 TEL:(02)2498-9940 開館時間:10:00-18:00(11月から4月までは17:00まで) 休館日:月曜日、旧暦正月

新北市金山区西勢湖2号   
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています