この記事をシェアする

宜蘭のホテル「HIVE HOTEL」に泊まってみた。アメニティはL’OCCITANE!

この記事をシェアする

宜蘭のホテル「HIVE HOTEL」に泊まってみた。アメニティはL’OCCITANE!

今、注目の台湾東部の宜蘭(イーラン)。

台北からのちょっとした旅行におすすめの場所です。

今回は、宜蘭の台湾鉄道羅東駅目の前に、2017年にオープンした、ラグジュアリーなホテル「HIVE HOTEL」を紹介します。

羅東駅前から徒歩1分なので、スーツケースを引っ張って行くのもラクラク。

また、宜蘭特産品を使った、おいしくて豪華な朝食も付いています。

地下には素敵なBarもあり、お酒を飲みに来るだけでもOK。

それでは、HIVE HOTELがどんなところか見てみましょう。


羅東へのアクセス

まずは、羅東へのアクセス方法を紹介します。

台北から、宜蘭や花蓮などの台湾東部へ遊びに行くには、南部へ行くのに比べて、交通手段が少ないんですよね。

電車のチケットも、満席で、希望の時間帯に買えないことも多いです。

台湾東部観光のおすすめ移動手段は、高速バス

まずは高速バスで羅東駅まで行き、羅東駅を起点にして、宜蘭と花蓮をそれぞれ1日ずつ観光するのが便利。

羅東という街は、それほど大きくはないですが、大きな観光夜市もあり、食べ物には困りません。

羅東で宿泊して、宜蘭と花蓮を楽しみましょう。

羅東駅目の前のHIVE HOTEL

羅東駅目の前のHIVE HOTEL

写真/HIVE HOTEL

1階フロントは、贅沢に空間を使ったデザイン。

ゆっくりくつろげるソファ席もあります。

1階フロントは、贅沢に空間を使ったデザイン。  ゆっくりくつろげるソファ席もあります。

若いスタッフの方々が多く、日本語を話せるスタッフもいるそうです。

中国語ができなくても、安心して泊まれます。

各部屋について

価格は各予約サイト、シーズンにより変動します。

ダブルルーム

1泊4,000元〜/1部屋

ダブルルーム 1泊4,000元〜/1部屋

HIVE HOTEL ダブルルーム

HIVE HOTEL ダブルルーム デスク

ツインルーム

1泊4,000元〜/1部屋

ツインルーム 1泊4,000元〜/1部屋

HIVE HOTEL ツインルーム

デラックスダブルルーム

1泊7,000元~/1部屋

デラックスダブルルーム 1泊7,000元~/1部屋

ベッドとソファの間に、TVがあります。

このTVは、回転させる事ができます。

ベッドに寝転んでいても、ソファに座っていても、どちらにいてもTVを見る事が出来ます。

ベッドとソファの間に、TVがあります。  このTVは、回転させる事ができます。  ベッドに寝転んでいても、ソファに座っていても、どちらにいてもTVを見る事が出来ます。

回転式TVの向こう側にベッド、こちら側にソファがあります。

ソファ

ソファ

ソファの隣にデスクがあります。

ソファの隣にデスクがあります。

HIVE HOTEL デラックスダブルルーム

HIVE HOTEL デラックスダブルルーム 荷物置き場

ファミリールーム

最大4名。12歳以下のお子様は無料で追加可能。

1泊8,000元〜/1部屋

ダブルベッドが2つあり、ベッド2つの間にソファとテーブルとTVがあります。

ダブルベッドが2つあり、ベッド2つの間にソファとテーブルとTVがあります。

この洗面台の裏にTVがあります。

この洗面台の裏にTVがあります。

ファミリールーム 最大4名。12歳以下のお子様は無料で追加可能。  1泊8,000元〜/1部屋

HIVE HOTEL ファミリールーム

充実のアメニティ

そしてなによりアメニティが充実していました!

ツインルームとダブルルームは、フランスのスキンケアブランド「omnisens Paris」のアメニティ。

デラックスダブルルームとファミリールームは、なんと「L’OCCITANE」(ロクシタン)のアメニティが!

充実のアメニティ そしてなによりアメニティが充実していました!  ツインルームとダブルルームは、フランスのスキンケアブランド「omnisens Paris」のアメニティ。

デラックスダブルルームとファミリールームは、なんと「L’OCCITANE」(ロクシタン)のアメニティが!

「L’OCCITANE」(ロクシタン)

アメニティは、ホテルを利用する上で重要なポイントですよね。

オリジナルのアメニティよりも、ブランドのアメニティの方が良いよね!

泊まった感想

今回、泊まったお部屋は、デラックスダブルルーム。

ベッドとソファの間にTVを置いて仕切ることで、寝るスペースとくつろぐスペースを分ける事ができ、快適さが増すお部屋でした。

お部屋にはコーヒーメーカーもあり、コーヒー好きの私には嬉しい設備でした。

他にも宜蘭名産の三星葱のスナック菓子と、冷蔵庫には台湾ビールもありました。

また、各お部屋を拝見させていただきましたが、すべてTOTOの最新式ウォシュレット完備でした。

すべてのお部屋で、清潔感とデザイン性が感じられました。

コンビニやスーパーも近い!

ホテルの目の前には7-11があります。

ホテルを出て右に少し行くと、ファミリーマートもあります。

ホテルから徒歩5分以内のところには、24時間営業の「頂好」というスーパーもあります。

夜間の買い物も問題なし!

HIVE HOTELのバー「HI BAR」

ホテル1階フロントから地下に入ると、ホテル内に併設されているバー「HI BAR」があります。

店内は広々としていて、ホテルの部屋とはまた違った空間となっています。

HIVE HOTELのバー「HI BAR」 ホテル1階フロントから地下に入ると、ホテル内に併設されているバー「HI BAR」があります。

店内は広々としていて、ホテルの部屋とはまた違った空間となっています。

バーだけの利用も、もちろん可能。

台北から来られたイケメンバーテンダーさんは、なんと日本語が堪能!

通常のメニューもありますが、お客様の好みに合わせたオリジナルカクテルがオススメだそうです。

バーだけの利用も、もちろん可能。

台北から来られたイケメンバーテンダーさんは、なんと日本語が堪能!

通常のメニューもありますが、お客様の好みに合わせたオリジナルカクテルがオススメだそうです。

カクテルを作って頂きました

まずは、マンゴーとパイナップルをベースにした、台湾っぽいオリジナルカクテル。

カクテルを作って頂きました まずは、マンゴーとパイナップルをベースにした、台湾っぽいオリジナルカクテル。

それと、最近流行っているということで、「ドラッグカクテル」なるものも体験させて頂きました。

それと、最近流行っているということで、「ドラッグカクテル」なるものも体験させて頂きました。

ファイヤー!!

その名の通り強烈でした。笑  お酒に自信がある方は是非挑戦してみてください。

その名の通り強烈でした。笑

お酒に自信がある方は是非挑戦してみてください。

寝る前に、バーで楽しいひと時を

珍しいカクテルをきっかけに、楽しい時間を過ごすことができました。

バーは深夜2時まで営業しています。

せっかくなので、寝る前にちょっと寄ってみてはいかがでしょうか。

カウンターに座り、バーテンダーさんと日本語で会話しながら、美味しいお酒を楽しめるバー「HI BAR」。

羅東で他にこのようなお店はないのでは。

HIVE HOTELの朝食

先ほどの、地下のバー「HI BAR」が、朝はレストランとなり朝食会場に。

HIVE HOTELの朝食 先ほどの、地下のバー「HI BAR」が、朝はレストランとなり朝食会場に。

朝ごはんは、まずチェックインした時に、3種類(洋式、台湾式、ベジタリアン食)の中から選んでおきます。

1〜2ヶ月に1度は、朝食メニューを換えているそうです。

このホテルでは朝食にこだわっており、必ず、宜蘭特産品を使用したメニューを入れているとの事。

今回のメニューの中では、サンドイッチに宜蘭特産の鴨賞(鴨肉の燻製)が入っていました。

長期滞在者や、小さいお子さんには、特別メニューを用意する事も可能だそうです。

朝ごはんメニュー

洋式:鴨賞入りサンドイッチ

朝ごはんメニュー 洋式:鴨賞入りサンドイッチ

台湾式:おかゆセット

台湾式:おかゆセット

ベジタリアン食:キノコのパイ包み

ベジタリアン食:キノコのパイ包み

率直に、どれも本当に美味しかったです!

こちらのホテルでは、メニュー作りに力を入れているだけあって、満足度の高い朝食でした。

まとめ

東部への旅行が注目され、海外からの観光客も増えているので、設備や立地面で安心して泊まれるホテルがあるのはありがたいですね。

また是非利用したいと思うホテルでした。

HIVE HOTEL 嗨夫精品旅館

Tel:+886-3-954-6777

Fax:+886-3-954-6088

住所:265宜蘭縣羅東鎮公正路38號

(宿泊価格は各予約サイト、シーズンにより変動します)

宜蘭縣羅東鎮公正路38號

宜蘭羅東のホテルを予約したいですか?【Booking.com】世界のホテル割引予約

おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!