この記事をシェアする

福岡名物焼きカレーを台湾でも。「門司焼きカレー桃園店」に行ってきた

この記事をシェアする

福岡名物焼きカレーを台湾でも。「門司焼きカレー桃園店」に行ってきた

福岡県門司(もじ)港のご当地グルメ、焼きカレーを台湾でも食べることができます。

今回、桃園アートセンター近くにある、「門司焼きカレー桃園店」(門司燒咖哩桃園店)へ行ってきたので、紹介します。


門司焼きカレー桃園店

外観

門司焼きカレー桃園店

門司焼きカレー桃園店 外観

内装

店内はとてもキレイで、インパクトのあるメニューの写真が壁いっぱいに。

ウッド調の内装は、日本ぽくて居心地が良いですね。

店内はとてもキレイで、インパクトのあるメニューの写真が壁いっぱいに。 ウッド調の内装は、日本ぽくて居心地が良いですね。

反対側の壁には、スパイスの見本が。

飲食カウンターになっているので、ここに座って写真を撮れば、カレー屋でもインスタ映え。

反対側の壁には、スパイスの見本が。 飲食カウンターになっているので、ここに座って写真を撮れば、カレー屋でもインスタ映え。

門司焼きカレー桃園店 厨房の様子

食券を購入

食券制なのですが、写真付きメニューを出してもらえるので、写真を見ながら、わかりやすく選ぶことができます。

食券制なのですが、写真付きメニューを出してもらえるので、写真を見ながら、わかりやすく選ぶことができます。

門司焼きカレー桃園店 メニュー

門司焼きカレー桃園店 メニュー うどんもあるよ

門司焼きカレー桃園店 サイドメニュー

カレーとサイドメニューを注文しました

今回は、「恋愛咖哩」という、リンゴやバナナなどのフルーツを使ったカレー(女性に人気だそうです)と、サイドメニューの「門司巻き」を試してみました。

オーダー後、焼いてる時の香りが、本当に食欲をそそります。

こちらが「恋愛咖哩」。

カレーの上に、たっぷりと乗ったチーズと半熟卵、最高の組み合わせです!

今回は、「恋愛咖哩」という、リンゴやバナナなどのフルーツを使ったカレー(女性に人気だそうです)と、サイドメニューの「門司巻き」を試してみました。

「門司巻き」は、豚肉や海鮮が入った海苔巻きです。

こちらも良い香りで美味しいです。

「門司巻き」は、豚肉や海鮮が入った海苔巻きです。 こちらも良い香りで美味しいです。

台湾の卵は、通常、生食はできません。

しかし、こちらのお店では、台中の養鶏場と契約し、新鮮な卵を仕入れているので、半熟でも安心して食べることができます。

まとめ

ぜひ、美味しい焼きカレーと新鮮卵を味わってみてください。

店名:門司燒きカレー 咖哩 桃園店 

住所:桃園市桃園區同德十一街131號(桃園アートセンター近く)

アクセス:台湾鉄道桃園駅近くのバス停「桃園客運桃園総站」からGR線に乗り、「中正同徳十一街口」バス停下車、徒歩2分

営業時間 : 月〜金11:30-14:00、17:00-21:30 土日祝日11:30-21:30

TEL:(03) 325-8682

https://www.facebook.com/MojiyakikareTaoyuan001

桃園市桃園區同德十一街131號
おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!