この記事をシェアする

日本語と中国語で意味が違う単語まとめ。有料=おつぱいが大きい?!

この記事をシェアする

漢字表記は同じでも、日本語と中国語で意味が異なる単語があります。

今回は、「その日本語では台湾人に伝わらないぞ」という単語を集めました。

また、中国語での意味と共に、中国語で何と言えばいいのかも紹介します。

特に、ホテル・飲食店・お土産物店・百貨店等のスタッフの方が、筆談で使いそうな単語を集めました。

訪日台湾人・中国人への対応をされている方、必見です。


日本語と中国語で意味が異なる単語10選

※以下、台湾人と書いていますが、中国人でも一緒です。

1.小人(こども)

電車料金や入場チケットの料金表示で見かける、「小人」。

中国語での意味は「器の小さい人」。「君子」と反対の意味です。

ですから、台湾人が「大人○円、小人×円」という字を見ると、「器の小さい人は×円?」と思ってしまいます。

「大人」は中国語でも同じ意味ですが、「小人」には「こども」という意味はありません。

日本語の「小人」(こども)、中国語では「小孩」。

2.有料・無料

中国語での意味は、有料=巨乳、無料=貧乳

もともとは、「教養がある/ない」という意味だったのですが、今は「胸がある/ない」という意味で使われています。

ですから、台湾人が「完全無料」という字を見ると、「完全に胸が無い?」と思ってしまいます。

日本語の「有料」、中国語では「收費」
日本語の「無料」、中国語では「免費」

3.留守

中国語での意味は、「ここにいます」(ここに留まって、ここを守る)。

真逆の意味ですね。

ですから、「只今、留守にしております」という貼り紙を台湾人が見ると、「今、ここにいる」と思ってしまいます。

日本語の「留守」、中国語では「不在」

4.用意

中国語での意味は、「意向、意図」(意を用いる)。

ですから、「こちらの商品をご用意致しますね」という意味で「用意」と筆談しても、台湾人には伝わりません。

日本語の「用意」、中国語では「準備」

5.怪我

中国語での意味は、「私のせいにする」。

これは中国語を勉強している人の間では有名な、「日本語と中国語で全く意味が違う単語」の一つ。

店内で子供が走って転んで、「怪我はない?」という意味で「怪我?」と筆談すると、「(あなたが転んだのは)私のせい?」と聞いている事になってしまいます。

日本語の「怪我」、中国語では「受傷」

6.大丈夫

中国語での意味は、「立派な男性、男らしい男性」。

「丈夫」のみだと、「(配偶者という意味の)夫」。

つまり、「怪我、大丈夫?」と筆談すると、全く違う意味なので、全く伝わりません。

ですから、「これを10個頂けますか」「大丈夫ですよ」と言いたい場合は、「OK」か「没問題」(問題ない)を使いましょう。

日本語の「大丈夫」、中国語では「OK」又は「没問題」

7.有難う(ありがとう)

中国語での意味は、「難有り、難しい」。

良かれと思って、「ありがとう」を漢字表記で「有難う」と書いても、台湾人には伝わりません。

日本語の「有難う」、中国語では「謝謝」

8.立入禁止

中国語には”立入”という単語は存在しないので、中国語の観点から読むと、「立って入るの禁止」という意味に。

「じゃあ、ほふく前進で入るのはいいの?」というような、「立って入るのはダメだけど、他の方法ならいいよ」というニュアンスになってしまいます。

「立入禁止」の中国語は、一般的に「請勿進入」。

日本人にも中国人にも分かるように書くなら、「進入禁止」と書くといいでしょう。

日本語の「立入禁止」、中国語では「進入禁止」

9.湯

中国語での意味は、「スープ」。

「熱湯」も、「熱いスープ」という意味に。

ですから、回転寿司店のテーブルにある、お湯が出る蛇口に、「湯」と書いてあると、台湾人は「スープが出るの?」思ってしまいます。

日本語の「湯」、中国語では「熱水」又は「開水」

10.餅

お正月に食べる餅、この字の中国語での意味は「クッキー」。

ですから、お正月に食べるお餅やわらび餅や饅頭などを、「餅」と書くと、中国人は「クッキー」だと思ってしまいます。

台湾人には、「Mochi」と発音すれば、日本のお餅の事だと分かると思いますが、中国の人たちは分からないと思います。

日本語の「餅」、中国語では「麻薯」

まとめ

日本語と中国語、同じ字で同じ意味の単語もあれば、同じ字で違う意味の単語もあります。

そこが中国語学習の面白さ。

漢字で何となく理解しているだけでは、真の意味が分からないのです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!