この記事をシェア!

台湾の太魯閣国立公園では足跡の他は何も残さず、写真の他は何もとらないで!

この記事をシェア!

台湾の太魯閣国立公園では足跡の他は何も残さず、写真の他は何もとらないで!

太魯閣(タロコ)国立公園は、台湾の東部、花蓮県に位置し、山と海の景観を持ち合わせた国立公園です。もともと台湾の原住民族タロコ族が住んでいた地域ですが、この大自然を保護するため国立公園に指定されました。

まさに山奥、断崖絶壁という言葉でしか表現できない太魯閣渓谷。インディアンの横顔に見える岩、つり橋、タロコ族が自ら岩に掘ったトンネルなど、様々な観光スポットがあります。

太魯閣渓谷の岩は大理石で、サファイヤやヒスイなどもあり、埋蔵量は3000億トンを超えているとも言われています。それを聞くと、転がっている石を持って帰りたくなりますよね。でも、絶対に持って帰らないでください。また、ゴミも落とさないでください。「足跡の他は何も残さず、写真の他は何もとらない」を守るようにしてください。国立公園の景観を守るため、とても厳しく管理されています。

  • 太魯閣国立公園

    写真/旅遊王

  • 太魯閣国立公園

    写真/旅遊王

  • 太魯閣国立公園

    写真/旅遊王

  • 太魯閣国立公園

    写真/旅遊王

  • 太魯閣国立公園

    写真/旅遊王

  • 太魯閣国立公園

    写真/旅遊王

太魯閣国立公園に行くには、台北からの現地ツアーに申し込むと楽です。太魯閣渓谷内はバスで巡るのですが、各観光スポットで停まって解説もしてくれます。

太魯閣国立公園:花蓮県秀林郷富世村富世291号

 花蓮県秀林郷富世村富世291号  
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!