この記事をシェア!

台湾のコンビニに必ずある、茶葉蛋

この記事をシェア!

茶葉蛋

台湾のコンビニに入ったことがある方、独特のにおいがする!と思ったことはありませんか?それ、たぶん茶葉蛋のにおいです!

茶葉蛋(チャーイエダン)とは、ゆで卵を烏龍茶と香辛料で煮た、台湾風煮たまごのことです。コンビニのレジ横に必ずといっていいほど置いてあります。台北市内ではコンビニ以外ではあまり見かけませんが、郊外に行くと茶葉蛋の屋台やお店がありますよ。

ゆで卵をコロコロ転がしてわざと殻にヒビをつくり、それから煮ているので、茶葉蛋の殻をむくと、まるで恐竜のたまごのような模様が。子供用おやつとしてよく食べられているのだとか。

  • 茶葉蛋

    写真/iPeen 愛評網

  • 茶葉蛋

    写真/iPeen 愛評網

ちなみに台湾では、「ゆで卵が烏龍茶の温泉につかりました。その後どうなった?→茶葉蛋になった」というなぞなぞがうまれているほど、台湾では茶葉蛋が人々の生活にかかせないものなのです。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています