Hotto Mottoの台湾風豚角煮重ルーローハンを食べてみた

Hotto Mottoの台湾風豚角煮重ルーローハンを食べてみた

本日2014年10月17日(金)に発売された、Hotto Mottoのルーローハン。キャッチフレーズは「甘辛がやみつき、とろとろ角煮。」管理人は早速本日の昼ご飯に食べてみましたのでその感想をレポートします。

まず、台湾の国民的B級グルメであるルーローハン(魯肉飯)の一般的な見た目は下記のような感じ。主に豚バラを煮込んだものを切り刻んで白ごはんの上にかけたもの。台湾独特の八角と五香粉という調味料が決め手。

Hotto Mottoの台湾風豚角煮重ルーローハンを食べてみた

写真/iPeen 愛評網

見た目は少し違いますね。ほっともっとでは豚の角煮+鶏そぼろ+高菜+煮たまご+タケノコ(+紅ショウガとほうれん草のおひたし)。煮たまごはの味はどこもたいして変わらないでしょう。高菜もピリ辛でしたが、ごく一般的な高菜。豚の角煮はやわらかくて油も多くて満腹感を得られます。

問題は鶏そぼろかなぁ・・・。鶏そぼろに五香粉が入っているのですが、これがうっすらとしすぎていて、五香粉の香りが感じられない。五香粉を知らない人にとっては普通の鶏そぼろ。台湾と冠しているのだから、もう少し五香粉の香りを出してほしかった。そこだけが残念なところ。まぁ、五香粉の香りは日本人にはちょっと好き嫌いが分かれる感じなので、しょうがないかな、と思います。煮たまごが茶葉蛋だったらかなり台湾ぽくなっておもしろかったかもな~。

ちなみに七味がついてくるので、半分くらい食べて味に飽きてきたころに七味をかけるといいと思います。

Hotto Mottoの台湾風豚角煮重ルーローハンを食べてみた

Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
Sponsored Links
【あわせて読みたい】