【台湾版ユニクロ】ファストファッションブランド「NET」

【台湾版ユニクロ】ファストファッションブランド「NET」

NETとは、台湾中にお店がある服飾店で、台湾版ユニクロのような位置づけのお店。

値段が安すぎず高すぎず、ダサすぎずオシャレすぎずな洋服を販売しています。

台湾にも日本のファッション雑誌に載ってるような日本のカジュアルブランドの洋服店がたくさんあるのですが、百貨店のテナントとして入っているため、余計に値段が高くなっているんです。

そのため、台湾人で日本の洋服が好きな人や台湾在住日本人でもなかなか台湾で日本のカジュアルブランドの服を買えないというのが現状です。

台北市内の学生バイトの時給がだいたい100元(約300円)です。それを踏まえて。

  • 台湾のカジュアルアパレルブランドNET

    パーカー699元/NET

  • 台湾のカジュアルアパレルブランドNET

    動物柄スパッツ499元/NET

  • 台湾のカジュアルアパレルブランドNET

    ダウンベスト1090元/NET

  • 台湾のカジュアルアパレルブランドNET

    ジャージ799元/NET

・・・はい。台湾内では、「NETは貧乏人が買う服。着ていると恥ずかしい」「いや、服がどうのこうのではなく着る人によるんだ。もし金城武が着ていたら、その服かっこいい!って思うだろう」と、日本国内でのユニクロに対する評価と同じような感じですね。

しかし、このNET、昔から災害が起きた地域に洋服を寄付をしているようで、東日本大震災の際には、30,000着の洋服を日本に送ってくれたそう。日本人としては感謝しなければなりませんね。

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!