この記事をシェア!

台湾版ホットドッグ「大腸包小腸」ってどんなもの?

この記事をシェア!

台湾版ホットドッグ「大腸包小腸」ってどんなもの?

大腸包小腸とは大腸(もち米を豚の腸に詰めたもの)で、小腸(いわゆるソーセージ)を包んだもの。

イメージとしてはホットドッグのパンがもち米になったものです。

ソーセージと共に干し大根、酸菜、きゅうりなどの野菜も挟まれています。

味付けはピリ辛味、黒胡椒味、ワサビ味、にんにく味など、各お店によって様々です。

有名どころの夜市には、ひとつは屋台があるでしょう。値段の相場はだいたい1個50元です。

  • 大腸包小腸 ライスソーセージ

    写真/iPeen 愛評網

  • 大腸包小腸 ライスソーセージ

    手前が大腸(もち米)で後ろが小腸(ソーセージ)/iPeen 愛評網

  • 大腸包小腸 ライスソーセージ

    写真/iPeen 愛評網

  • 大腸包小腸 ライスソーセージ

    写真/iPeen 愛評網

もち米なので、これひとつだけでかなりお腹が膨れてしまいます。

友達と分けて食べることをおすすめします。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!