この記事をシェア!

「回憶中の瑪妮」台湾では平仮名の「の」が使われている!

この記事をシェア!

「回憶中の瑪妮」台湾では平仮名の「の」が使われている!

スタジオジブリの作品「思い出のマーニー」が、本日2014年10月9日に台湾で公開されます。

そのポスター写真を見て、あれ?と思ったあなた!

そうです、ひらがなの「の」が使われているんです!

スポンサーリンク

台湾で市民権を得ている、「の」

「思い出のマーニー」のような、「○○の△△」という表現は、中国語では「○○的△△」と書きます。

台湾は親日家や日本語ができる人が多く、日本語が書かれてるとかっこいい、という感覚があります。

それで、台湾では、「的」を、わざと「の」と書きます。

本当に街中の看板や広告によく使われています。

時には「あれ?日本語で書いてる?」と思ってしまうほど。

台湾で市民権を得ている、「の」  「思い出のマーニー」のような、「○○の△△」という表現は、中国語では「○○的△△」と書きます。  台湾は親日家や日本語ができる人が多く、日本語が書かれてるとかっこいい、という感覚があります。  それで、台湾では、「的」を、わざと「の」と書きます。

写真/フォートラベル

本当に街中の看板や広告によく使われています。  時には「あれ?日本語で書いてる?」と思ってしまうほど。

写真/フォートラベル

台湾の繁体字キーボードでは、「的」と打つと、「の」と予測変換されるくらいには、市民権を得ているようです。

まとめ

他にもたくさん、台湾にはおもしろ看板があります。

台湾に行ったときに探してみるのも、ちょっとした楽しみになると思います。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています