この記事をシェア!

「棺桶パン」という名前のパン、食べたいですか?~官財板~

この記事をシェア!

官財板 棺桶パン

官財板は、台湾のB級グルメでシチュー入り揚げ食パンのこと。食パンを揚げて中をくりぬき、シチューを入れ、くりぬいたパンでふたをしたものです。くりぬいてシチューを入れふたをする動作が「棺桶」を連想させるので、この名前になったそうです。もっと良い名前なかったんでしょうか・・・。

シチューは一般的に鶏肉やコーンの入ったクリームシチュー的なものが入れられます。ですので味はシチューにクルトンが入ったような感じで、見た目と名前とは裏腹に日本人の口にも合うんです。

官財板 棺桶パン

写真/iPeen 愛評網

官財板 棺桶パン

写真/iPeen 愛評網

官財板 棺桶パン

写真/iPeen 愛評網

官財板 棺桶パン

中身や切り方はお店によっていろいろ/iPeen 愛評網

実は台湾の中南部にお店が多いので、台北にはあまりお店がないのですが、士林夜市には屋台がありますよ。いっそのことシチューに揚げ食パンを切って入れればいいのに、なぜわざわざくりぬく手間をかけるのかと問いたくなるのですが、これも文化の違いなのでしょうか。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています