この記事をシェア!

世界で最も不思議な食べ物、豬血糕

この記事をシェア!

世界で最も不思議な食べ物、豬血糕

豬血糕とは、もち米に豚の血を加え固めた台湾の伝統的な食べ物の一つです。豬血糕(豚の血)と鴨血糕(アヒルの血)の二種類に分かれます。

豬血糕は台湾北部の伝統的な一品で、台湾南部では鴨血糕が多いです。豬血糕は蒸し、茹で、揚げ、煮込み等の調理法があり、火鍋や滷味の具として使う事が多いです。豬血糕専門の屋台では、蒸してお店特製のタレとピーナッツ粉、パクチーをのせたものが多いです。

2009年にイギリスの旅行情報サイトVirtualTourist.comが行った「世界で最も不思議な食べ物TOP10」で第一位を獲得した豬血糕。

日本人は完全に好き嫌いが分かれます。豚の血を加えているので、やはり食感が少しねちょっとしているため、レバー系が好きな人は大丈夫だと思うのですが、嫌いな人は絶対ダメな食感ですね。

世界で最も不思議な食べ物、豬血糕

ピーナッツ粉をつけているところ/iPeen 愛評網

世界で最も不思議な食べ物、豬血糕

屋台で売られているものはサイズが大きいです。火鍋屋さんなどでは一口大に切られています/iPeen 愛評網

世界で最も不思議な食べ物、豬血糕

豬血糕自体は黒いんです/豬血糕

管理人はレバー系が好きなので、豬血糕は結構好きですね。日本では食べれないものなので、台湾に行った際にはぜひ食べてみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています