この記事をシェア!

日本でおなじみの大判焼き、台湾にもあるよ!

この記事をシェア!

「紅豆餅(あずき餅)」「車輪餅(車輪餅)」

日本では大判焼き、今川焼きなどという名で知られている食べ物。中にあんこやカスタードクリームなどが入った丸いもの。実は台湾でも人気のおやつなんです。台湾では主に「紅豆餅(あずき餅)」「車輪餅(車輪餅)」という名前で売られており、夜市には屋台がいくつかありますよ。

日本でおなじみの味以外にも、紫芋あんやミートソース、ポテト&ベーコンなど、変わり種もあります。ちょっと小腹がすいたときなどにちょうどいいおやつです。相場は1個10元(約30円)くらいです。

「紅豆餅(あずき餅)」「車輪餅(車輪餅)」

日本の大判焼きと一緒ですね/iPeen 愛評網

「紅豆餅(あずき餅)」「車輪餅(車輪餅)」

見てくださいこの厚さ!/iPeen 愛評網

「紅豆餅(あずき餅)」「車輪餅(車輪餅)」

中身もぎっしり/iPeen 愛評網

屋台でものを買うときの注意点をひとつ。必ずものをもらってからお金を渡してください。

士林夜市の通路の真ん中に出している屋台や、西門町の通路に出している屋台など、中には許可をとらずに営業している屋台もあります。そういった屋台は、警察がくるとものすごいスピードで逃げていきます。たとえ調理の途中であっても。とても逃げ足が速いので追いかけることができないくらい。

ですので先にお金を渡してしまうと、危険です。警察の抜き打ちチェックは日常茶飯事です。管理人も、西門町を歩いているときに「サツが来た!」と猛スピードで逃げる屋台を目の当たりにしたことがあります。実際にその場面を見てるのはおもしろいんですけど、お金を取られてしまってはいけませんからね。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています