この記事をシェア!

広場は市民の憩いの場、台湾の父を讃えた国父記念館

この記事をシェア!

國父記念館

国父とは、辛亥革命の指導者・孫文のことです。孫文は革命後、中華民国の臨時大統領に就任しました。中国では本名に加え「号」と言う呼び名を持つ習慣があるのですが、孫文の号は「中山」です。台湾で道路や公園などに中山とついたところがたくさんあります。中山北路や中山公園など。これは孫文の名前から取ったんですね。

国父記念館は台北101のすぐそば。広場では朝は太極拳をするお年寄りがたくさんいらっしゃいます。ここの広場はとても広いので、昼間は子供たちが走り回り、夜はランニングをする大人も。台北では車やバイクが多く、歩道もあまり整備されていないため、ゆっくりとランニングできる場所が少ないんですよね。本堂には孫文の銅像があり、それを守る衛兵がいます。ですのでここでも衛兵交代式が見れますよ。

國父記念館

孫文の銅像と衛兵/旅遊王

國父記念館と台北101

台北101は歩いて行ける距離/旅遊王

國父記念館池噴水

広場には噴水もあります/旅遊王

日本だと、日本アカデミー賞や音楽番組の特番なんかは高級ホテルで行う事が多いと思いますが、台湾ではここ国父記念館を会場にして台湾ドラマアワードの授賞式などを行うことが多いです。本堂前にレッドカーペットが敷かれ、記念館内のホールにて収録が行われます。

國父記念館:台北市仁愛路四段505号 MRT國父紀念館駅すぐ TEL:02-2758-8008 参観時間:9:00-18:00 休館日:旧暦の大晦日、1月1日、設備点検日 入場料:無料

<span style="color: #000000;">台北市仁愛路四段505号</span>

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています