この記事をシェア!

台湾式そうめん「麺線」はパクチー+カキ+豚の大腸

この記事をシェア!

台湾式そうめん「麺線」はパクチー+カキ+豚の大腸

台湾の有名な麺料理に、麺線があります。麺線とは、コシが強めで歯ごたえ十分な、そうめんに似た麺をほのかに甘いとろみスープで茹でたもの。スープはカツオのだしを効かせ、ニンニクと唐辛子で少し辛みが加わっています。

主に魚介類のカキを入れたもの、豚の大腸を入れたもの、それらふたつとも入れたものの3種類で、パクチーを乗せて食べるのが一般的です。パクチーが嫌いな人は「パクチーいりません」といえばパクチーなしで出してくれますよ。麺は短いので、レンゲで食べます。大きさが小と大とあり、だいたい45元~60元くらいで食べることができます。

  • 麺線

    このような屋台でやっているお店が多い/iPeen 愛評網

  • 麺線

    パクチーたっぷりがデフォ/iPeen 愛評網

パクチーは腐りやすいため、雨の日は食べてはダメなのだとか。管理人が台湾に住んでいた時に、麺線屋のおいちゃんが「雨降るの時はパクチーダメね」とカタコトで説明してくれたのも、今ではよき思い出です(笑)

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています