この記事をシェアする

台湾の鬍鬚張魯肉飯へ行ってきた。早くて安くて美味い!

この記事をシェアする

台湾の鬍鬚張魯肉飯へ行ってきた。早くて安くて美味い!

台湾の有名B級グルメ店・鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)。

魯肉飯とは、豚肉の脂身を細切れにし、煮込んだものを、ご飯にかけて頂くもの。

本当は「滷肉飯」と書くらしいのですが、この鬍鬚張魯肉飯が「魯肉飯」の表記を使い始め、「魯肉飯」の表記も広まっていったとか。

今回、寧夏夜市にある鬍鬚張魯肉飯のお店へ行ってきました。


鬍鬚張魯肉飯美食文化館

寧夏夜市のお店は、店名が「鬍鬚張魯肉飯美食文化館」。

お店の二階に、お店の歴史などを紹介する、ちょっとした展示があるようです。

鬍鬚張魯肉飯美食文化館 寧夏夜市のお店は、店名が「鬍鬚張魯肉飯美食文化館」。 お店の二階に、お店の歴史などを紹介する、ちょっとした展示があるようです。

着席

席に案内される、というか「適当に座って~」と言われるので、好きな席へ。

店内はちょっと狭いですが、とても清潔。

メニューにドリンクが無いので、飲み物をどこかで買っておいて、持ち込んでください。

着席 席に案内される、というか「適当に座って~」と言われるので、好きな席へ。 店内はちょっと狭いですが、とても清潔。 メニューにドリンクが無いので、飲み物をどこかで買っておいて、持ち込んでください。

二階にも座席がありますので、一階がいっぱいだった場合は、二階へ。

また、トイレも二階にあります。(一階にはありません)

注文

メニューは写真付き。

それを見ながら、注文票にオーダー数を書いて、店員さんに渡しましょう。

注文したのは、

  • 魯肉飯(39元)
  • 水耕A菜(55元)
  • 原盅四神湯(75元)

台湾ではポピュラーな葉物野菜・A菜。

A菜は、植物学ではレタスの一種なのかもしれませんが、味と食感と見た目は(日本人のイメージだと)ほうれん草に近いと思う。

また、四神湯とは、豚の小腸の薬膳スープです。

料理が来るのがとても早い!

注文したのは、 魯肉飯(39元) 水耕A菜(55元) 原盅四神湯(75元) 台湾ではポピュラーな葉物野菜・A菜。 A菜は、植物学ではレタスの一種なのかもしれませんが、味と食感と見た目は(日本人のイメージだと)ほうれん草に近いと思う。 また、四神湯とは、豚の小腸の薬膳スープです。

注文して、料理が運ばれて来るまでが、とっても早い!

注文後、コートを脱いで畳んでる時に、魯肉飯とスープが運ばれてきました。

まぁ、ご飯と豚そぼろとスープは、作り置きを器によそうだけでしょうから、そりゃ早いですよね。

A菜も、その後すぐ運ばれてきました。

会計

伝票を持ってレジへ行き、支払い。

食事中、「伝票の2枚目のアンケートに答えてくれ」と店員さんから言われるかもしれません。

余裕があれば、アンケートも記入しておきましょう。

まとめ

安い台湾B級グルメの代表だった魯肉飯も、最近は値上がりしてきましたね・・・。

台湾の物価は上がるばかりです。

鬍鬚張魯肉飯美食文化館

住所:台北市寧夏路62號(寧夏夜市内)

営業時間:10:00-01:30

TEL:02-25589489

台北市寧夏路62號
おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!