この記事をシェアする

台湾人が思うFacebookのウザい機能10選!FBを象徴するアレもウザい

この記事をシェアする

台湾人が思うFacebookのウザい機能10選!FBを象徴するアレもウザい

2008年頃から、台湾で大流行しているFacebook。

台湾では最も人気のあるSNSです。

しかし、台湾人がFacebookを最も使っていても、Facebookの機能全てに満足している訳ではありません。

台湾メディアが、「台湾人が思うFacebookのウザい機能」を紹介していました。

Facebook大好きな台湾人が不満に思っている事は、どのような事なのでしょうか。

早速見てみましょう。


台湾人が思うFacebookのウザい機能10選

1.プライベート丸出し

自分は鍵アカだけど、公開アカ(Facebookページなど)にコメントすると、そのコメントは公開される。

非公開グループで発言しても、その非公開グループに参加している友達がいたら、その人たちには優先的に表示される。

「ちょっと愚痴を吐きたくても、吐けない」のが不満。

そして、美女のアカウントをフォローしたら、すぐ彼女にバレる。

2.知り合いかも?

裏アカウントを作っても、「知り合いかも?」に友人が出てくる。

とあるネット民は、「知り合いかも?に、旦那の元カノがいつも出てくる」と言っています。

3.過去のこの日

思い出したくない情報もあるのだ。

「数年前の傷口をまた開く事になる」、この機能はウザい。

4.Poke(ポーク)

たくさんの友達からPokeが来ていると、ウザい。

【Pokeって?】
Pokeとは、ちょっとした挨拶を送る機能。
友達にPokeすると、相手には「○○さんからPokeがありました」と通知されます。
友達からPokeが返ってきた後、本題に入る、というような使い方をするようです。

5.最近の検索履歴が残る

お互いのFacebookアカウントにログインできるようにしているカップル(※)にとって、検索履歴が残るのはウザい。

異性や元恋人を探した履歴が残っていると、大変な事に・・・。

※こういうカップル、結構いるそうです。
日本人の感覚で言う所の「携帯を見せ合う」的な感じですね。

6.何分前にログインしたかバレる

最後にログインした時間がバレる。

「もう寝るね」と誰かに言った後、もしFacebookを見たら、その後にFacebookを見ていた事がバレる。

7.Facebook Watchの連続再生

動画を最後まで見ると、すぐ自動的に次の動画が再生されてしまう。

そのため、「今見た動画をシェアしたい」と思ったら、「動画を一時停止して、前の動画に戻るボタンを押す」という動作が必要。

すぐにシェアしたいのに、動作が増えるのはウザい。

8.メッセンジャーアプリを別で入れなければならない

Facebookアプリとは別でMessengerアプリを入れないと、DMでのやり取りができない。

スマホの容量を食うし、アプリの切り替えが面倒。

9.広告が多い

投稿4つおきに広告1つが表示される。

10.カメラボタンを間違えて押してしまう

Facebookアプリでは、左上にカメラボタンがあるため、指が当たりやすい。

そのため、意図せずカメラに切り替わってしまう。

まとめ

台湾で現在、Facebookを使っているのは、30代以上が多いとの事。

Facebookが台湾で流行り始めた10年前に20代だった人達が、今は30代になっているんですよね。

若年層はインスタを使い、Facebookは「友達と繋がるためではなく、情報収集のために使う」らしいです。

まぁ、これだけウザい機能があり、親や教師が使っているFacebookを、若年層は使わないでしょうね。

参照元 臉書10大雞婆爛功能 這點被眾人罵翻

おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!