この記事をシェアする

世界一臭い豆腐が台湾にある!

この記事をシェアする

臭豆腐

台湾の一番独特な食べ物と言えば、臭豆腐です。その名の通り、とっても独特な臭いにおいのする豆腐です。

日本人でこれを好きだと言う人はまずいないでしょう。台湾で最も一般的な臭豆腐は、新鮮な豆腐を「臭滷水」と呼ばれる発酵液にしばらく漬けて作ります。つまり豆腐が発酵したにおいなんですね。これを揚げたり、焼いたり、蒸したりします。

台湾人が「蒸したものが一番においがない」というので、管理人は蒸したものを食べてみましたが、やはり受け付けられない味でした。

臭豆腐 蒸したもの

写真/iPeen 愛評網

臭豆腐 揚げたもの

写真/iPeen 愛評網

それでも、台湾で生まれ育った日本人は「いいにおい」と言っていました。他の外国人も「日本の納豆だって臭いじゃん」と。

でも、私は西日本の人間だから人生で納豆を食べたことがないのよ~と思っていた管理人。

むやみに外国の食べ物を批判してはいけませんね。

おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!