この記事をシェア!

台北の華山1914はインスタ映え最高のアート空間!

この記事をシェア!

台北の華山1914はインスタ映え最高のアート空間!

1914年の日本統治時代に建てられた酒造工場をリノベーションし、アート・イベント空間へと生まれ変わった華山1914文創園区

ギャラリー、ライブハウス、オシャレなカフェやオシャレな雑貨店などがあります。

「アートには興味ないわ」という人でも、下記のような人なら楽しめると思います。

  1. とにかく写真を撮りたい人
  2. 華流ファンの人
  3. 面白いイベント・展覧会へ行くのが好きな人

それでは詳しく紹介します。

スポンサーリンク

台北で最もインスタ映えする華山1914

1.とにかく写真を撮りたい人

華山1914文創園区エリア内すべてがフォトジェニック。

#文青的產地 #華山1914文創園區

Panさん(@yuyu0623_)が投稿した写真 –

Jessieさん(@chieh_jessie)がシェアした投稿

last day in #Taipei feels like a blur. 🙈 #CariMeToTaipei #CreativePark #LifeWellTravelled #SortOfCandid #TravelDiaries

Cari L.さん(@carileee)が投稿した写真 –

#taipei #taiwan #travel #華山1914文創園區

Takashi OTAKEさん(@takashiotake)が投稿した写真 –

非常適合拍文青照的地方😼😼😼

Eric Liさん(@a8536670123)が投稿した写真 –

2.華流ファンの人

華山1914文創園区には、台湾の人気バンド五月天(メイデイ)のメンバー・瑪莎(マサ)が経営している、「離線咖啡 Offline Cafe」というカフェがあります。

大きな看板はないので、見逃さないように注意。

このカフェの注意点は二つ。

1.Wi-Fiがない

お客さんには日常を離れてゆっくり音楽を聴いてほしい、との事で、Wi-Fiはありません。

お店の名前の通り、「オフライン」の空間を楽しみましょう。

2.メニューが飲み物のみ

食事の持ち込みはOKなので、食事したい方はどこかで買って持って行きましょう。

エリア内の位置:西7A館 紅磚G
営業時間:11:00-23:00

ちなみに、ここ華山1914にあった、周杰倫(ジェイ・チョウ)が経営していたマジックレストラン「Deja Vu 音樂魔幻餐廳(デジャブ)」は、2016年3月に閉店しました。

3.面白いイベント・展覧会へ行くのが好きな人

今年春には、家一軒すべてが逆さまになった「逆さまハウス」の展示が行われました。

また、今年夏には「ジブリ展」も開催され、たくさんの人で賑わいました。

台湾旅行中に面白いイベントが開催されていればラッキーですね。

終於來了😅😅 #顛倒屋

若蕎👧🏼ᶜᴴᴵᴬᴼさん(@rachel8823)が投稿した写真 –

面白いイベントも、インスタ映えしますよね~。

まとめ

アート好き以外も楽しめる華山1914文創園区。

ぜひみなさんも行ってみてください。

華山1914文創園区(華山1914文化創意產業園區)
住所:台北市中正区八德路一段1号
営業時間:エリア自体は24時間開放、カフェ等の営業時間はお店による
アクセス:MRT板南線忠孝新生駅1番出口徒歩約3分
台北市中正區八德路一段1號   
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています