台湾のお宝は白菜と豚の角煮?~故宮博物院~

國立故宮博物院

台湾のガイドブックには必ず載っている、また、観光ツアーに参加すると必ずコースに含まれている、といっても過言ではないほど台北で有名な観光スポット故宮博物院。展示品のほとんどは、中国から台湾に渡ってきたものですが、中華圏の歴史文化を垣間見ることができます。

故宮博物院で有名なふたつの展示品があります。いずれも清の時代に作られた「翠玉白菜」と「肉形石」です。

「翠玉白菜」はひとつの翡翠から彫刻して作られたもの。緑の葉の部分には、多産を象徴するキリギリスとイナゴが彫られています。

「肉形石」は豚の角煮そっくりのもの。メノウ類の鉱物は長い年月を経て一層毎に違う色合いが形成されるのだそうです。それをうまく生かして作られました。この二つは故宮博物院で最も人気のため、同じ場所に展示されています。

  • 國立故宮博物院 白菜キリギリス

    写真/國立故宮博物院公式サイト

  • 國立故宮博物院 豚の角煮

    写真/國立故宮博物院公式サイト

ちなみにこちらの故宮博物院は、台湾国籍の方は身分証を提示すれば、毎週金曜、土曜の開館延長時間帯(18:30~21:00)は無料で入館できるそうですよ。

故宮博物院:台北市士林区至善路二段221号 TEL:(02)2881-2021 開館時間:通常開院時間 午前8時30分~午後6時30分 定休日:なし

MRTの駅から離れており、徒歩では行けません。MRT淡水線士林駅、MRT文湖線大直駅、MRT文湖線剣南路駅のいずれかからタクシーで行きましょう。だいたい20分ほどです。

台北市士林区至善路二段221号
スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!