【我的少女時代】新北市蘆洲区のおすすめ撮影スポット5選!

11027970_393142130879174_7831573559995470905_n

台北市から淡水河を挟んで西側にある新北市蘆洲区。蘆洲(ろしゅう)へはMRT中和新蘆線で永康街の東門駅から乗り換え無しで約20分で行けます。

「蘆洲はテレサ・テンが育った場所」と聞くと、年配の方は「行ってみようかな」と思うかもしれません。

でも、私たち若い世代には、テレサ・テンはなじみがないですよね。

では、蘆洲にはどんなところがあるのでしょうか。

今回は華流ファンやSNS中毒者も楽しめる、蘆洲のおすすめ撮影スポットを紹介します。

 

1.春大地書局

創業46年、蘆洲で最も古い本屋さん。

台湾映画『我的少女時代(私の少女時代~Our Times~)』のロケ地。

主人公とヒロインがよく行っていた本屋さんです。

写真/春大地書局

写真/春大地書局

写真/春大地書局

写真/春大地書局

映画のロケハンスタッフは、40軒以上もの本屋さんをロケハンしたそうですが、春大地書局がいちばん台湾の1990年代の雰囲気を残していたため、ここを選んだそうです。

可愛いシールやマスキングテープなどの文具も販売しているとのこと。

台湾の20年前の雰囲気を楽しみながら、本選び、文具選びも楽しんでみましょう。

春大地書局:新北市蘆洲區中正路117號
アクセス:MRT中和新蘆線三民高中駅から徒歩6分
営業時間:月~土9:30-22:30、日10:00-22:00

 

2.蘆洲小学校

春大地書局のすぐ目の前。カラフルでとても可愛い小学校です。

こちらの小学校はテレサ・テンが通っていた小学校だそうです(現在の校舎は建て替えられたものなので、当時の校舎とは違います)。

荒野編採四期,期初旅行

賴憬霖さん(@laiginglin5293)が投稿した写真 –

蘆洲國小:新北市蘆洲區中正路100號
アクセス:MRT中和新蘆線三民高中駅から徒歩6分

 

3.李宅古跡

その昔台湾に渡ってきた李一族の家で、1857年に建てられました。

台湾では「抗日戦争時に抗日活動家だった李友邦の家」と認識されており、李宅古跡は別名「李友邦将軍記念館」と言います。

「抓周」という、1歳の誕生日にやる「選び取り」の道具が揃っていて、李宅古跡HPから申請すれば利用できるようですよ。

蘆洲李宅古蹟:新北市蘆洲區中正路24319
アクセス:MRT中和新蘆線三民高中駅1番出口から徒歩10分
営業時間:火~日9:00-17:00、月曜定休
入場料:100元

 

4.新北市立図書館蘆洲長安分館

2014年7月に内装が一新され、宇宙船がテーマの楽しい図書館となりました。

新北市立圖書館蘆洲長安分館:新北市蘆洲區長安街96號3F
アクセス:MRT中和新蘆線三民高中駅1番出口から徒歩18分
開館時間:火~土8:30-21:00、日・月8:30-17:00

 

5.MRT蘆洲駅

帰りは蘆洲駅を利用してみましょう。

天井に芸術作品「 舞之羽(Dancing Feathers)」があります。

浩廷さん(@gmiiiiiiii)が投稿した写真

 

各スポットを巡るには?

MRTの駅でレンタサイクルYouBikeを借りましょう。

台北市と新北市では同じシステムを使っているので、YouBikeを借りるときの手順は台北市内の時と同じ。

新北市ではYouBikeを借りてから最初の30分間は無料で乗ることができます(台北市は有料)。

蘆洲には小吃店もスタバもコンビニも50嵐も夜市もありますので、食べるところには困りません。

 

蘆洲について

最近都会扱いになった

台湾ファン歴が短い方は知らないかもしれませんが、蘆洲区に通っている台北MRT中和新蘆線が開通したのは、2010年11月。

蘆洲区には台湾鉄道も通っておらず、地下鉄が開通するまでは橋を渡ることでしか行く事ができなかったため、台北市内から蘆洲区までバスで1時間近くかかっていました。

そのため、台北生まれ台北育ちの生粋の台北人は、「蘆洲は汚くて何もない所」だと思っているので、MRTが開通して台北市内から約20分で行けるようになったところで、蘆洲には余程の事が無い限り行きません。

ですから、蘆洲の情報は少ないでしょう。「台湾の地方の情報が少ない、行く人が少ないから」というのと同じ。

 

また、2010年12月に直轄市となり、「台北縣」から「新北市」へ名称変更されました。

古いガイドブックや古いネット情報では、「台北縣」と書かれていることがあると思います。

 

蘆洲は魅力に乏しいのか?

しかし、だからといって「蘆洲は魅力に乏しい、日本人におすすめできない場所」ではありません。

蘆洲の一部分しか見ていないのに、また、どこかに行って「魅力に乏しい、お寺なら台北でじゅうぶん、料理もわざわざ食べに行くほど美味しすぎるものではない」と言うのは、愚の骨頂ですね。

横浜に行って「東京の方がすごい」、大阪に行って「東京の方がおいしいものある」と言っている人をどう思いますか?

蘆洲にも素敵な場所はたくさんあります。

それを見ようとするかしないかで、あなたの世界は変わると思いますよ。

 

【関連記事】
Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
follow us in feedly
Sponsored Links
【あわせて読みたい】