この記事をシェア!

鼻毛が出てるとお金が出て行く?台湾の迷信10選!

この記事をシェア!

鼻毛が出てるとお金が出て行く?台湾の迷信10選!

世界各国に「迷信」がありますね。

海外では「13日の金曜日は不吉」とか、日本では「夜に爪を切ってはいけない」とか。

台湾の人気ブロガー・人2×People2が、「あなたはこれらの迷信を信じますか?」というイラストをアップし話題に。

そこで、台湾の迷信の中から、日本には無いと思われるものをピックアップしました。

スポンサーリンク

台湾の迷信

1.赤い下着をつけると幸運を呼ぶ

中華圏では赤が縁起の良い色とされています。

特に旧正月の新しい年を迎えるときに赤い下着をつけると開運になると言われています。

ですからその時期はお店で赤い下着が多く売られていますよ。

2.ホテルに泊まる時、部屋のドアをノックしてから入る

フロントで鍵をもらったら、さっさと部屋に行って休みたいですよね。

でも、ちょっと待った!部屋に入る前に必ずノックをして、「お邪魔します」と言ってから入りましょう。

どうやら、“目に見えない人”への挨拶らしい・・・?

台湾ではこの他にも「ホテルに泊まる時にすべきこと/すべきでないこと」がたくさんあるようです。

興味のある方は調べてみてください。

3.他人のお葬式を見たら、南無阿弥陀仏と唱える

日本では「霊柩車を見たら、親指を隠す」ですね。

4.飛行機を食べて願いごとをする

空を飛んでいる飛行機を見たら、手で掴まえる動作をして、口に運んでモグモグ。

そしてお願いごとを唱えましょう。

100機食べれば、願いが叶うらしい。

5.牛肉を食べてはいけない

「牛肉を食べると運気が下がる」「その昔、農業が主体産業だった頃、牛を農業に使っていたから」「学問の神様が牛に乗っているので、試験を受ける人は食べてはいけない」など理由は諸説あるようです。

まぁ、牛肉麺とか有名なので、今では牛肉を食べていますが、家系が農家だった人などは今でも牛肉を食べない主義の人が結構いるようです。

6.試験前に髪を切ってはいけない

覚えたことも切られて忘れてしまう、とか・・・。

試験前は髪を切ってはいけないし、牛肉を食べてはいけない、ということですね。

7.まぶたのピクピクが右だと凶、左だと吉

まぶたが痙攣してピクピクする事ってありますよね。

右まぶただと悪い事が起き、左まぶただと良い事が起きる、と言われています。

8.月を指差すと耳を切られる

怖すぎるお話ですが、これはただ単に子供がむやみやたらに指を差さないように戒めるため、だとか。

9.夜、掃除をしてはいけない

財運の神様が逃げてしまうらしい。

10.鼻毛が出ているとお金が出て行く

えーでも台湾の人って出てる人多いよ・・・。

まとめ

迷信というのは地域性もあるので、台湾人の方でも聞いた事がないものもあるでしょう。

語学学校時代、「あなたの国の迷信を言いなさい」という授業で、日本人のクラスメイト数人がそれぞれ発表していた時、有名な迷信なのに「何それ!そんなの聞いた事ない!そんなの日本に無い!」と言う日本人がいましたが、日本も広いのですからいろいろな迷信があるでしょうし、あなたが知らないからといって存在しない訳ではありません。

台湾には「旧正月にしてはいけないこと」「妊娠中にしてはいけないこと」など、他にもたくさんの迷信があります。

台湾人の旦那さんは気にしなくても、姑世代が気にするものです。

自己主張もいいですが、素直に人の意見に耳を傾けることも大事ですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています