この記事をシェアする

台湾人が最もど忘れする漢字はこれだ!簡単そうな字ほど忘れる?!

この記事をシェアする

台湾人が最もど忘れする漢字はこれだ!簡単そうな字ほど忘れる?!

パソコンやスマホの普及で、「漢字を手書きする事」が減ってしまったのは、日本も台湾も同じ。

漢字を手書きで書こうとする時、「あれ?どうやって書くんだっけ?」と、スマホで字を調べることが多くなったと感じている人も少なくないはず。

台湾のネット民が「簡単な字なのに、毎回ど忘れして書けない字が結構ある。『粹』とか『矮』とか。なぜかいつも同じ字を忘れている。みんなはこういうことある?」と書き込み話題だったので紹介します。


台湾人が最もど忘れする漢字

噴「嚏」:pēn tì

意味:くしゃみ

抽「屜」:chōu ti

意味:引き出し

「襪」子:wà zi

意味:靴下

よく使うのに、ど忘れする漢字

推「薦」:tuī jiàn

意味:推薦する

「矮」子:ǎi zi

意味:背が低い人

「矮」の字を忘れやすいとは、ちょっと意外かも。

左右どっちなのかを、ど忘れする漢字

「甜」點:tián diǎn

意味:スイーツ

麻「辣」:má là

意味:ヒリヒリする

他にも「班」とか、「王でリを挟むのか、リで王を挟むのか、どっちだっけ?」となりがちですね。

普段使わない字は、似ている字と間違える

「膩」と「貳」

「油膩」(脂っこい)の「膩」と、「二」の大字「貳」。

「臺」と「壹」

「臺灣」の「臺」と、「一」の大字「壹」。

「裹」と「裏」

「包む」という意味の「裹」と、「裡」の異体字「裏」。

「鹹」と「鹼」

「しょっぱい」という意味の「鹹」と、「アルカリ」という意味の「鹼」。

文字サイズが小さいと、潰れてしまってどっちの字なのかわからなくなりそう・・・。

画数が多すぎて、訳わかんない漢字

挑「釁」、嘴「饞」、憂「鬱」、偷「竊」、烏「龜」、長「壽」、「鑰」匙

憂鬱とか、日本人も「見てわかるけど書けない字」ですね。

まとめ

書けなくても、見てわかればOKでしょう。

「見てもわからない」というのは大問題ですが・・・。

参照元:突然叫你寫就失憶?!那些「永遠都忘記怎麼寫」的字

おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!