台北の古い日本家屋を改装したカフェ3選!

台北の古い日本家屋を改装したカフェ3選!

台湾には今でも日本統治時代に建てられた家屋がたくさん残っており、そこを改装しカフェにするというのが今の流行り。

今回は台北の古い日本家屋を改装しカフェとして生まれ変わった場所を紹介します。

 

1.滴咖啡(Drop Coffee House)

もともとは台湾大学の講師用日式建築宿舎。古くなり誰も住まなくなってからは放置されていました。

近くで見ると「あまり日本ぽくない・・・」と思うかもしれませんが、ちょっと離れて屋根の部分をよく見ると日本ですね。

写真/滴咖啡

写真/滴咖啡

写真/滴咖啡

写真/滴咖啡

写真/滴咖啡

写真/滴咖啡

滴咖啡(Drop Coffee House):台北市新生南路三段76巷1號(台湾大学近くの台一牛奶大王の隣) MRT松山新店線公館駅徒歩7分

 

2.二條通.綠島小夜曲

日本統治時代に日本人カメラマン佐々木八二郎氏の住宅として建てられました。

2階建てですが、2階はお店の事務所だそうです。

写真/二條通.綠島小夜曲

写真/二條通.綠島小夜曲

写真/二條通.綠島小夜曲

写真/二條通.綠島小夜曲

写真/二條通.綠島小夜曲

写真/二條通.綠島小夜曲

二條通.綠島小夜曲:台北市中山區中山北路一段33巷1號 MRT淡水信義線中山駅徒歩8分

 

3.Miracle×House

1949年に建てられた、台湾では珍しい西洋建築を取り入れた日式建築。

写真/Miracle×House

写真/Miracle×House

写真/Miracle×House

写真/Miracle×House

写真/Miracle×House

写真/Miracle×House

夜も素敵/Miracle×House

夜も素敵/Miracle×House

Miracle×House:台北市中山區新生北路三段62巷24號 MRT中和新蘆線中山国小駅徒歩6分

 

古い家屋の事を中国語で「老屋」と言います。これらの素敵な老屋カフェ、ぜひみなさんも行ってみてください。

 

【関連記事】
Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
follow us in feedly
Sponsored Links
【あわせて読みたい】