この記事をシェア!

裏西門町を歩く!観光客は行かないけど必見のスポット4選!

この記事をシェア!

裏西門町を歩く!観光客は行かないけど必見のスポット4選!

東京で言う原宿や渋谷のような、台北の若者が集まる街・西門町。

そのため、オシャレな雑貨店やオシャレなカフェがたくさんあり、ブラブラするだけでもとても楽しいですよね。

でも、西門町は歴史も深く、新旧の融合が多元文化を生み出している場所。

今回は、観光客では行かないような“裏西門町”を紹介します。

スポンサーリンク

裏西門町を見てみよう

1.美国街(アメリカンストリート)

アメリカンなお店が集まった通りは、ウォールアートもアメリカン。

西門町美国街(アメリカンストリート) アメリカンなお店が集まった通りは、ウォールアートもアメリカン。

写真/蘋果日報

西門町美国街(アメリカンストリート)

写真/蘋果日報

住所:台北市萬華區昆明街96巷

2.明太子街

台湾の若者が絵を描いたり、スケートをしたり、ダンスをしたり自由に使える台北電影主題公園とその周囲のこと。

「めんたいこ」ではありません。

西門町明太子街

写真/臺北市電影主題公園

住所:台北市萬華區康定路19號

3.電影街(映画館ストリート)

その昔、この通りには劇場がたくさんあり、台北のエンターテイメント業の中心となっていました。

それが今ではたくさんの映画館に。台北で映画を見たければとりあえずここに来ればOK。

西門町電影街(映画館ストリート)

写真/台北旅遊網

住所:台北市萬華區武昌路2段

4.刺青街(タトゥーストリート)

タトゥーは中国語で「刺青」または「紋身」と言います。

日本人からするとタトゥーに抵抗ある人が多いと思うんですが、台湾の人はファッション感覚でタトゥーを入れている人が多いんですよ。

華流タレントもタトゥーを入れている人が多いんですよね。

ディーン・フジオカさんにも右腕に大きなタトゥーがあります。

台湾で入れたのかどうかは知りませんが・・・。

西門町刺青街(タトゥーストリート)

写真/瘋台灣民宿網

語学学校で一緒だった日本人の人、台湾に影響されてか「タトゥーを入れたい」と言っていましたが、結局「消すときに大変らしいから」と入れるのを止めていました。

住所:台北市萬華區漢中街50巷

まとめ

裏西門町を歩けば、台湾の若者文化がより深く理解できるかもしれません。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

参照元:走跳捷運西門站! 繁華商圈必訪特色街區

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています