台北市でどこに住もう?台北地下鉄沿線家賃マップを発表!

台北市でどこに住もう?台北地下鉄沿線家賃マップを発表!

台湾人と結婚して台湾に住んでいる人、台湾人の恋人と一緒に台湾に住んでいる人、駐在の人、これら以外で台湾に住んでいる人は、ほとんどの人が台湾で自分で家を賃貸していると思います。

語学留学でもまず初めにやるのが家探し。どこに住もうか迷うんですよね。

 

台湾の「關鍵評論網」が、台湾の賃貸情報サイト「591租屋網」での賃貸情報をもとに、一人暮らしをする場合の台北MRT各駅の一か月の家賃の中央値(平均値ではない)を算出しました。

それをまとめた表がこちら。獨立套房(室内にトイレ・バスがあるタイプ)で算出しています。

台北MRT家賃マップ

台北市でどこに住もう?台北MRT家賃マップを発表!

表/關鍵評論網

注)単位:千元、例えば家賃が19,500元なら「19」、9,900元なら「9」と表示。また、台北小巨蛋(台北アリーナ)駅では上手く検索できなかったので空白にしている。頂埔駅は設定がなかったため空白。

 

観覧車のある百貨店の美麗華近くの大直駅と劍南駅が最も高いという結果に。劍南駅は台北の新高級住宅地エリアだそうです。

よって賃貸価格も高く、中央値が25,000元となっています。台湾の大卒平均初任給とほぼ同じ・・・。

その次が市政府駅24,000元、国父紀念館駅23,000元。この辺りは高級ショッピングエリアなので、家賃も高いんですよね。

表を見ると、やはり台北市内中心部を少し離れれば、家賃も安くなりますね。

 

賃貸で住むのにおすすめのエリアは・・・

台北で自分で家を賃貸して住む人はほとんど語学留学だと思うので、上の表をもとに語学留学生におすすめのエリアを紹介します。

語学学校が密集している古亭駅へのアクセスは良いのに家賃は安め。交通費がかかっても、家賃と食費が安くすめばその分生活費が安くなりますよ。

 

1.中和新蘆線三重国小駅と台北橋駅

台北市から河をはさんで新北市なのですが、生粋の台北人から言わせると「河を超えたら別世界、河の向こうは田舎者」らしいので、河をちょっと超えると物価も結構安いんですよ。

三重国小駅、台北橋駅から古亭駅まで乗り換えなし、両駅とも您遊卡で片道20元、約19分です。どちらの駅も三和夜市に近いので便利。

 

2.中和新蘆線永安市場駅

古亭駅から2駅しか離れていないのですが、こちらも住所が新北市なので田舎扱い。駅周辺に食べるところもいっぱいあります。

永安市場駅から古亭駅まで乗り換えなし、您遊卡で片道16元、約6分です。

 

3.松山新店線景美駅

萬隆駅もいいのですが、この駅周辺は食べるところが少ないので、景美夜市もある景美駅のほうが便利。

景美駅から古亭駅まで乗り換えなし、您遊卡で片道16元、約8分です。

 

まとめ

ウン年前、私は古亭駅からちょっと歩いたところで家賃が9,000元の套房に住んでいました。あれから台湾の物価も給料も上がり続けているので、今では同じ部屋でも9,000元ではきっと借りられないでしょうね。

その頃は日本人の人はだいたい15,000元くらいの家賃のところに住んでいる人が多かったのですが、こちらももう少し上がっているでしょう。

それから、台湾は国土が狭く、台北では「日本より部屋が狭くてキッチンなし」というのが常識。台湾は外食文化なので、一人暮らしの人は外食で済ますんです。

キッチン付できれいで広々した部屋じゃないと嫌!という方は、家賃20,000元以上くらいのところじゃないと無理ですよ。

 

参照元:「台北捷運房租地圖」帶你看哪個捷運站附近租屋最划算

【関連記事】
Sponsored Links
【サイトの更新情報はこちらをフォロー】
follow us in feedly
Sponsored Links
【あわせて読みたい】